親子で楽しむ!おむつなし育児 0歳からできるナチュラル・トイレトレーニング

制作 : 望月 美和 
  • 河出書房新社
3.46
  • (5)
  • (8)
  • (10)
  • (5)
  • (0)
本棚登録 : 81
レビュー : 14
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309271279

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 熱心なナチュラリストの本かなと思いながらも、食わず嫌いせず読んでみたら、おむつなし育児なんてネーミングが恐ろしいだけで、要はもっと早くポティートレーニングできますよ、ということだったので読んでよかった。これをきっかけに、10ヶ月の娘にトレパンはかせはじめてみました。さっそくジャーとおしっこビショビショになって困ってる娘を見て、よしよしこの不快感があればポティートレーニング進みそう、と楽しくなってきました。起き抜けや食後はトイレの補助便座に座らせてます。今のところなかなか成功しないけど、気負わずのんびりやります。

  • 究極の育児だわ。

  • 赤ちゃんが生まれたら、この本を参考にぜひおむつなし育児を実践してみたい。

  • 引き続きおむつなしイクジのお勉強・・
    私の中で、一過性のブームが来ている。
    ・・・試してみたい・・・。

    でも、この本には、やってやめて、、と不規則に気が向いた時だけやるのはよくないと書いてあったが、どう考えても私の性格上そうなってしまうので、悩ましい。。。

    具体的な排泄のサインの例がたくさん載っていたので、
    まずは我が子の排泄行動を注意深く観察「のみ」してみることにしよう・・。

  • 個別時期に別れていて面白い

  • 他にもおむつなし育児本は何冊か読みました。どれも「おむつなし育児はいいよ!」ってことが羅列してあるだけで、実際の方法がいまいちわかりづらかったですが、これは実践方法を書いてくれているのでよかったです。

  • 84

  • 言っている事はわかる、実践してみないとわからない。
    私たちの親がやっていた「おむつはずし」との違いがいまいちみえない。
    ただし、紙おむつの弊害について、環境問題よりも用材からの経皮毒があることを知り、トイレトレーニングに励むようになった。

  • 「おむつなし育児」とはどういうものか知らず、
    想像も出来ないなか読み始めたのですが、
    目からウロコでした。

    おしっこを伝えられるようになるまでは
    おむつを付けているのが当たり前と思っていたけど、
    生まれた時からおむつをしない国もあるなんて…!

    実践するしないは個人・家庭の自由だと思いますが、
    こういう育児もあるんだなあと興味深く読みました。

  • んー、なかなか気合がないと実行できない気がします。もちろん、普通でも気合はいるんだろうけど・・・どうしても早くおむつ卒業したい方向けかな?

全14件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1980年より、おむつなし育児の調査・研究、指導、普及につとめる、おむつなし育児の第一人者。カリフォルニア大学卒業。現在、コロラド州在住。3人の息子の母。2007年、国際おむつなし育児委員会を設立。

「2017年 『親子で楽しむ!おむつなし育児』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ローリー・ブーケの作品

ツイートする