モウリーニョの流儀

著者 :
  • 河出書房新社
3.67
  • (24)
  • (55)
  • (45)
  • (10)
  • (1)
本棚登録 : 381
レビュー : 50
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309271323

作品紹介・あらすじ

バルセロナ、ポルト、チェルシー、そしてインテル。欧州強豪クラブで結果を残し続ける名監督は、いかにしてイタリアを征服したのか。1年間の軌跡を追う。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • モウリーニョのインテル監督就任一年目の一年間に限定したルポ。

    したがってこの時点ではまだインテルでチャンピオンズリーグは制覇していない。

    期間が短い分、シーズンをとおしたモウリーニョのチームマネジメントやマスコミへの対応などが詳細にわかり、読み物としてもおもしろいので、読む価値は充分ある。

    モウリーニョとイタリアメディアやライバル監督とのやり合いでの無敵っぷりが最大の見所。こうしてみると、彼はごく常識的な正論を堂々と主張しているだけにすぎないことがよくわかった。

  • サッカーファンでなくとも大満足間違いなしの一冊。

    自分の考えを貫くということは確かに「エゴ」かもしれない…だけどそれが人の上に立つ者ならどうだろう??それが確かな成功をおさめてきた者ならどうだろう??…戦術とプレー原則、チームに尽力する態度を理論的に説明し、徹底させる人間力こそ彼が世界一たる要因だ。「信頼」の勝ち取り方というものをここから学べるような気がする。
    そしてノムさんは「チームは監督の器以上に大きくならない」と言う。インテルは黄金時代に入ったのかな、と思った。

    「私はイタリアサッカーを変えるだろう。だが、イタリアサッカーが私を変えることはない。」
    という一言が彼の哲学を象徴していると思う。

  • この男、だから強い。世界トップレベルのサッカー監督。

  • 組織マネジメントに役立つ考え方
    リーダーシップ論

  • 優秀な監督であるという世間の評価だが、この本では1年間のみが書かれているだけで、比較もないのでわからない。が、人間性の特徴は理解できる。選手としての経験がない中で、監督業で一定の評価を得ているわけでマネジメント力は長けているものと思う。

  • 海外サッカーが好きで、その中でも世界一の監督と言われるモウリーニョについて書かれているということで読んでみました。
    サッカーはほとんどやったことがないので、戦術的なことはよく分からなかったけど、この人はどこか日本人的なところがあると思いました。
    規律をかなり重んじる、チームのためにプレーできない選手は誰であろうと外す、チームが負けたときは何があろうと監督の責任と言って選手を守る…
    海外では珍しいタイプの人間じゃないかなと思いました。

  • チームがよくなることを1番に考えすごい選手だろうと規律は守らせる。
    それでいて選手から信頼されるのはモウリーニョ自身が何より妥協してないから。そして結果を出すから。
    これからも期待!

  • アドリアーノの真相がようやく分かった。満足度6

  • モウリーニョの成功の秘訣として、監督としての技量、信念もあるが、もっとも大きな要因として、言葉の力だと感じた。
    取材などでの発言を見ていると、実際に聞いているかのように、頭の中に入ってくる。比喩や事実(数字)を巧みに使い、聞き手の想像力をかきたせつつ最後に納得させる。語彙力の必要性、とっさの切り返しの必要性を感じた。

  • 勝利をもたらす知将の哲学と戦略 ―
    http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309271323/

全50件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

ジャーナリスト、翻訳家。1962年仙台市生まれ。1995年よりイタリア在住。海外サッカー専門誌等で欧州サッカーの魅力を多角的に伝えている。『モウリーニョの流儀』『チャンピオンズリーグの20年』ほか。

「2017年 『それでも世界はサッカーとともに回り続ける』 で使われていた紹介文から引用しています。」

片野道郎の作品

モウリーニョの流儀を本棚に登録しているひと

ツイートする