子どもの「できない」を「できる」に変える 子育て食事セラピー

著者 :
  • 河出書房新社
4.20
  • (2)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 23
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (187ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309271842

作品紹介・あらすじ

食事は毎日のことだから…栄養素の摂り方や食事法にまつわるポイントなど、すぐに実践できるアイデアを分かりやすく紹介。状態がひと目で分かる食事記録やレシピも。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 再読10回目。5歳息子が便秘気味になったり、身体測定で全然体重が増えなかったりしたときにたびたび読んでいます。
    そして反省しています…

    朝昼晩の簡単な食事記録と痩せすぎや便秘などの子どもの症状が対応して書いてあり、カレーやオムライスなど太りそうな食事が痩せすぎの子どもの食事記録として書かれていて、読むたびに驚きます。
    そして反省しています…。(我が家のカレー登場回数といったら…×××)

    この本によるとカタカナ食は胃に負担があり吸収が悪く、むしろ痩せすぎにつながるそうです。
    今日も読み終わって主菜に白菜を足し、きんぴらに人参を追加し、焼き芋をメニューに付け加えました。

    自分に甘く手を抜きがちな人(私)にオススメの本です。

  • 子育てで行き詰まった時に読み返して、いまの自分、こどもを見つめ直したい。

  • 食生活に関する情報は溢れるくらいだけど、自分にとってどうでも良かったのは、たいていができっこないことだから。その点笠井さんは、カウンセリングからスタートしているだけあって、相手が聞いてくれてナンボという視点が一貫しており、妥協や譲歩はしているのだろうけど、やってみようという気にさせられる。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

栄養士

「2014年 『10年後も見た目が変わらない食べ方のルール』 で使われていた紹介文から引用しています。」

笠井奈津子の作品

ツイートする