若松孝二全発言

著者 :
制作 : 平沢 剛 
  • 河出書房新社
4.50
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 12
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309271958

作品紹介・あらすじ

若松孝二はなぜいまなお闘いつづけるのか。六〇年代から現在まで最も過激に時代をリードし、世界からも熱い注目を浴びる鬼才の文章と発言をはじめて単行本化。その実践、思想、感性の真実を鮮やかにしめす魂のドキュメント。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2017/10/9購入

  • 「やっぱり、"情死"してるヒマなど。ないのだッ!」

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1936年宮城県湧谷町生まれ。17歳の時に家出をし上京。菓子職人、新聞配達、土方、クラブのボーイ、ヤクザ、エキストラ……といくつもの職を転々とし、テレビ映画の助監督を経て1963年『甘い罠』で映画監督デビュー。同作品は低予算ながらも圧倒的な迫力のある映像でピンク映画としては異例の集客力をみせた。氏は「ピンク映画の黒澤明」などと形容されヒット作を量産する。人間の根源的な要素であるエロスと暴力をテーマに据えた衝撃的な作風や、強度を持った豪快な演出、意表を付く設定などが特徴。
 さらに、連合赤軍をテーマにした作品『実録・連合赤軍 あさま山荘への道程』(2007)は、2007年8月の湯布院映画祭にて「特別試写作品」として上映。同年10月には、第20回東京国際映画祭にて「日本映画・ある視点作品賞」を受賞した。
 2008年2月に開催された第58回ベルリン国際映画祭においても同作品は最優秀アジア映画賞(NETPAC賞)と国際芸術映画評論連盟賞(CICAE賞)を受賞。その他、各国の映画祭で映画賞を総なめにし、毎日映画コンクールで監督賞、日本映画評論家大賞で作品賞を受賞し、日本アカデミー賞以外の権威ある賞はほぼ総なめにした。
 さらに、今回上映の『キャタピラー』では主演の寺島しのぶがベルリン国際映画祭で最優秀女優賞(銀熊賞)を受賞。

「2011年 『新時代の希望を語る』 で使われていた紹介文から引用しています。」

若松孝二の作品

若松孝二全発言を本棚に登録しているひと

ツイートする