アニメーション監督 出崎統の世界 ---「人間」を描き続けた映像の魔術師

制作 : 大山 くまお  林 信行(SLF) 
  • 河出書房新社
3.40
  • (1)
  • (3)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 40
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (195ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309272917

作品紹介・あらすじ

『あしたのジョー』『エースをねらえ!』『ガンバの冒険』…日本のアニメの礎を築きあげた偉大なる監督の足跡を貴重な資料と証言で振り返る。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • C0074 もうちょっと批判的要素があっても良いと思います。実際、評価されているのは、「ガンバ」や「ジョー」といった昔の作品ばかりですし。素材の持ち味を調理方法というか調味料が損なっているのが多々あるので。

  • 『白鯨伝説』のラストがどうしても思い出せず気になっていた時に、出崎さんを知りました。『ガンバの冒険』『あしたのジョー』、『ベルサイユの薔薇』、『ブラック・ジャック』から『ハム太郎』までいろいろな作品を手掛けていて驚きました。
    独特のストップモーションの演出は、どの作品でも印象に残っています。

  • 巻頭に掲載される総論を執筆しました。出崎監督が監督となった時期の時代背景から始め、どのような演出家であったかを、広い角度から検討しました。従来いわれる「旅人」などのキーワードを極力避けて、新たな視点で語ることに心を配りました。関係者へのインタビューなども充実している一冊です。

全3件中 1 - 3件を表示
ツイートする