羽生善治の将棋の教科書

著者 :
  • 河出書房新社
4.22
  • (4)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 46
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (286ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309273525

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 文章は、小学校上級年以上から読める内容。
    守りの布陣や、攻めの形状。急襲をかわす方穂など内容豊富。

  • なかなか難しい。

  • 今のおれにはちょうどいい本で、詰将棋や必死と終盤の指し方についての基本を学びながら駒の効きだとかを知り、次に序盤戦の指し方としてそれぞれの戦型における定跡や心得を学び、最後に中盤戦という構成で、基本的な棋力の養成にちょうどいい本。

  • 内容をすべて理解されたら初段くらいの力が付いてるのでは。とのこと。
    漢字にすべて振り仮名がある。

    最初は易しい内容が多いが、徐々に難しくなっていく。
    具体的には、
    1章では、一手詰め、寄せ方
    2章では、三手詰め、五手詰め、一手必死、三手必死

    将棋のルールからは解説がないので、
    ルールを自体は一通り覚えて指せる人から、初段くらいまでの人が対象と幅広い

    難しいところもあるので、繰り返し読んだり、
    問題が分からなければ回答を見たりすることを推奨している。
    最初の入門書としては難しめ


    第1章 終盤戦の心得と指し方
    第2章 詰将棋と必死
    第3章 序盤戦の心得と指し方  
    第4章 中盤戦の心得と指し方
    第5章 駒落ち将棋

  • 初心者には分かりやすく、親切な体裁の本。
    より理解を高めるには、実際に駒を動かしながら読まねばと思った。

    まだまだ序の口なので、もっともっとだ。

  • 将棋好きな人は読んだ方がいいと思います。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

羽生 善治(はぶ よしはる)
1970年生まれの将棋棋士。十九世名人、永世竜王、永世王位、名誉王座、永世棋王、永世王将、永世棋聖、7つの永世資格を持ち、史上初の永世七冠に。さらに名誉NHK杯選手権者の資格を持つ。
多くの著作を記している。初の著書、『決断力』は一大ベストセラーになった。ほか、人工知能技術を使った将棋ソフト研究をたゆまず続けており、『人工知能の核心』といった書籍にも関わっている。

羽生善治の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ウォルター・アイ...
ジャレド・ダイア...
羽生 善治
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする