楽しむことは楽じゃない ---プロサッカー選手に見る、生き残り術

著者 :
  • 河出書房新社
2.67
  • (0)
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 16
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (205ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309273662

作品紹介・あらすじ

年齢、身体、環境、立場…変化という現実を受け入れ乗り越えてきた、14人の選手たちから学ぶ人生の戦術。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 掲載選手はこの14名




    ●岡野雅行 「起爆剤」
    ●服部年宏 「逆算」
    ●伊東輝悦 「等身大」
    ●田中誠 「結果」
    ●森岡隆三 「一期一会」
    ●福西崇史 「個性」
    ●吉田孝行 「完全燃焼」
    ●柳沢敦 「向上心」
    ●吉原宏太 「練習」
    ●北嶋秀朗 「逃げない」
    ●古賀正紘 「吸収」
    ●大黒将志 「移籍」
    ●市川大祐 「日課」
    ●松田直樹 「不屈」







    元ジュビロ戦士からは、服部、田中、福西、古賀の4名。




    30代に入ってからの色々な経験そして年齢だけでチームから戦力外を受けた経験など、日本サッカーが抱える問題も提起した作品だと思います。




    限られた選手生活の中で

    大きく活躍し、チームの中心選手になったり、代表に選ばれたりしても

    いつか選手生活を終える選択をする時がくる。




    その時、彼らがどのような選択をしてきたか

    これはサッカーという世界だけではなく

    僕たちサラリーマンにも共通なものを感じます。

  • サッカー選手としての晩年をすごしている人達の取材集。それぞれの経験、現役へのこだわり、ベテランの価値、若い頃との心構えの違いを述べています。
    それぞれの主張はごもっともなものばかりで、意外性とか強烈な体験とかスリリングさがないんだよなぁ。
    で、最後に甲本ヒロトの歌詞で楽しむことと楽することは違うなんて出てきても、なんで、ここでヒロトがでてくるのよ?って????なのですよ。

全2件中 1 - 2件を表示

寺野典子の作品

ツイートする