夏のルール

制作 : Shaun Tan  岸本佐知子 
  • 河出書房新社
3.82
  • (15)
  • (15)
  • (16)
  • (1)
  • (2)
本棚登録 : 155
レビュー : 30
  • Amazon.co.jp ・本 (48ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309274843

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • シュールな世界。子供より大人向け。いろんな夏のルール。

  • この世界とは違う世界の少年二人の小さなルール。不思議な、それでいて心がほっとする作品。こうゆうの好きなんだよなあ。。。

  • 「赤い靴下を片方だけ干しっぱなしにしないこと」「パーティで残った最後のオリーブに手を出さないこと」「知らない人に鍵を渡さないこと」「合言葉を忘れないこと」…語り手が『夏のルール』として学んだことが一言ずつ、左のページに書かれ、右のページにはときに優しげに、ときに恐ろしげに、非現実的で幻想的な光景が広がる。極彩色で描かれる、奇妙で奔放な夏の思い出の中を、語り手たち兄弟が生き生きと通り抜けていく。
    怖くてユーモラスで、美しくて温かい、一篇の詩のような絵本。

  • 兄弟が体験した、去年の夏の出来事から学んだルールを描いた物語。裏表紙にある言葉通り、どのルールも不思議なものばかり。ショーン・タンさんらしい作品でした。すべてのルールは、弟の失敗から生まれているのね。やんちゃな弟と、その弟の世話をする兄のやり取りがかわいい。変装がばれちゃうところ、家に入れてもらえるようお願いするところ、乗り物から降りれなくなって兄に助けてもらうところ。この3場面がお気に入り。『アライバル』『遠い町から来た話』よりも分かりやすいストーリーでした。子どもにもオススメです。

  • すこしぶきみだけれどなつかしいせかい。

  • 絵本が大きいからかもしれないけどとても迫力があって綺麗な絵、意味のわからないルールたち、よく分かんないけどわたしはこの絵本、すごく好き

    王冠は何を意味しているの

    「夏の最後の一日を見のがさないこと。」

  • 怖い。不思議な世界。絵が好き!

  • 素晴らしいです。
    買ってよかった。
    絵の力と世界観

  • #14

  • 2016年11月15日

全30件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1974年オーストラリア生まれ。これまでにオーストラリア児童図書賞他数々の賞を受賞。作品は世界中で翻訳出版されている。代表作『アライバル』のほかに『遠い町から来た話』『レッドツリー』が邦訳されている。

「2014年 『夏のルール』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ショーン・タンの作品

ツイートする