きょうだい型人間学: 性格と相性を見ぬく

著者 :
  • 河出書房新社
3.00
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 18
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (206ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309275338

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 兄弟、兄妹、姉妹、姉弟などの組み合わせでも随分違うはずなのでもっと分析して欲しかったと思うのは末っ子の我儘か。多分そう。
    おねえちゃん、弟の人と話しやすいのだけど。自分が男だったならこの本通りで合ってるけど。どういうことよ。ニュータイプのゲイか。新説だ!

  • 長女、長男、次男、次女、末っ子…。生まれた順番によって、人はどんな性格になるのか。仕事の傾向は? 恋愛や上司部下の相性の良し悪しは? 膨大なデータから、その特性を明らかにする!

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1954年生まれ。広島大学大学院博士後期課程中退。博士(心理学)。2012年より国際基督教大学教養学部アーツ・サイエンス学科教授。

「2014年 『きょうだい型人間学 性格と相性を見ぬく』 で使われていた紹介文から引用しています。」

磯崎三喜年の作品

ツイートする