画集 銀河鉄道の夜

著者 :
制作 : KAGAYA 
  • 河出書房新社
3.50
  • (2)
  • (2)
  • (3)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 33
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (64ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309276441

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • プラネタリウムで上映され100万人が感動した「銀河鉄道の夜」の画集が、ついに復刊。観音開き入り特別仕様で、きらめく銀河をパノラマ体験。賢治幻想の世界へ誘う天上の画本(えほん)!

  • 自然の美しさ、それをとらえる豊かで鋭利な感性、またそれをこえる空想の世界を見せてくれます。

    工学研究科 M1

  • ふつくしい

  • 2016年1月17日、プラネタリウムで『銀河鉄道の夜』を観ました。以前にも同じものを観た記憶があり、あの透明感あふれる壮大な世界観に感銘を受けてすぐに原作を読みました。それから数年経った今でも映像に鳥肌が立ちました。私の好きな賢治の世界観が再現されていて感涙したので、画集があると知ってぜひ読みたいです。

  • 文章は抜粋。

    CGだと分かりやすいCGで好みが別れそう。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

1896年、岩手県花巻生れ。盛岡高等農林学校卒。富商の長男。日蓮宗徒。1921年から5年間、花巻農学校教諭。中 学時代からの山野跋渉が、彼の文学の礎となった。教え子との交流を通じ岩手県農民の現実を知り、羅須地人協会を設立、農業技術指導、レコードコンサートの 開催など、農民の生活向上をめざし粉骨砕身するが、理想かなわぬまま過労で肺結核が悪化、最後の5年は病床で、作品の創作や改稿を行った。1933年没。

「2019年 『風の又三郎』 で使われていた紹介文から引用しています。」

画集 銀河鉄道の夜のその他の作品

銀河鉄道の夜 Audible版 銀河鉄道の夜 宮沢賢治

宮沢賢治の作品

ツイートする