本当の自分とつながる瞑想入門

著者 :
  • 河出書房新社
3.64
  • (2)
  • (4)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 58
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309276632

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • おそらく本じゃ難しい話なんだな、と。それでも読むと楽しいし気を静めてみようと思えるからすごい。

  • 瞑想に関する本も色々読むと大体のところ言っていることは同じです。

    それでもその人それぞれの表現や想いが文章から伝わるので面白いですね。

    この本に書かれている瞑想方法はわかりやすくて良いです。

  • メモ 本当の自分とつながる瞑想入門

    瞑想の仕方と、その手前の考え方、わかりやすく書かれた本。
    最近、フォーカシングに詳しい、池見先生とも交流されて、瞑想への入りのところ、新しい工夫を取り入れられたご様子。

    エゴとは別にある本当の自分。青空。
    いろいろ流れている雲を自分と思い込まぬために、瞑想を、、

    山下良道さん、信用するかどうかで、アマゾンの書評、二極化しているが、氏の考え方とメソッドは、この本と、ポッドキャストでよくわかると思う。


    アマゾンの書評みると、山下良道が好きかどうかによって両極端なレビューになっているかと思う。

    目次といくつかのメモは個人メモに。
    以下、本書の構成わかりやすいので、前文から引用

    初めての方でもすぐ瞑想できるよう、これから次の5章に分けてお話ししていきます。
    1章では、私たちの心が人生にどのような影響を与えているかを見ていきます。
    2章で、私たちを悩ませる心のしくみを解き明かします。ここまで読んでいただけば、なぜ私たちが悩みに翻弄されてしまうのか、すっきりとわかっていただけるでしょう。
    その上で、私たちの本質である「青空」について、3章でお話しします。瞑想の実践を学ぶのは、4章です。章末には、実際多く寄せられる質問をQ&A形式にまとめました。
    最終章では、瞑想がもたらす新しい生き方についてお話ししていきます。

  • 単なる瞑想のノウハウ本ではなく、深いところまで解説してあります。
    しかもその解説が分かりやすいです。
    明快な論理と優しい言葉で説明されています。
    山下師の語り口そのままで、まるで坐禅会に参加しているかのような感じです。
    私とエゴの関係、マインドフルネスの意味も、よく分かりました。
    この本を読んでから実践すると、本当に坐禅の意味が分かってきます。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

ワンダルマ仏教僧。1956年東京生まれ。東京外国語大学仏語科卒業後、曹洞宗僧侶となる。米国・日本にて布教・坐禅指導の後、2001年テーラワーダ比丘となり、パオ瞑想メソッドを修了。現在、鎌倉一法庵を拠点に、国内外で坐禅瞑想指導をおこなう。

「2016年 『〈仏教3.0〉を哲学する』 で使われていた紹介文から引用しています。」

本当の自分とつながる瞑想入門のその他の作品

山下良道の作品

ツイートする