本や紅茶や薔薇の花

著者 :
  • 河出書房新社
3.50
  • (2)
  • (0)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 59
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309277240

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • A子先生のモノローグイラスト集。
    待ちに待ったこの日♪
    まさに、まさにのA子ワールドにどっぷり浸ることができた。
    A子先生のお人柄そのもののような文章に添えられたイラストがなんて素敵。
    大事な大事な宝物の1冊がまた増えた。


    ※ちょっと残念なのが、ページにノンブルがないこと。後ろの初出を見て遡って読み直そうと思ってあれれ?となっちゃった。読みたい1編にさくっとたどり着けないのが惜しい。

  • 大好きだった陸奥A子さんの
    イラストエッセイ?
    詩集?

    懐かしい絵をもっと見られるかな?
    と期待していただけに
    ちょっと期待はずれ…。
    でもあったけれど、
    陸奥A子の世界観は、そのままに
    楽しめた。

  • いつまでも 恋する乙女の心を忘れない陸奥A子の
    初モノローグ集

    小春日和の空の下や
    キラキラ煌めく冬の星空の下
    心 ときめきながら読みたい✨

  • 陸奥A子さんをリアルタイムで読んでいた世代より
    一つあとの世代なのだけれど
    イラストレーターの杉浦さやかさんが絶賛していたので、
    いろいろ読んで見てそのかわいさにファンになった。
    今回はモノローグ集ということで楽しみにしていた
    が、やっぱりにわかファンではモノローグ集は
    物足りなくて・・・。まずイラストが後期のものより
    初期のリボン掲載時のものが好きなので、
    今回は描きおろしイラストのため最近の絵で残念。
    内容がロマンチックすぎて、母となってしまった
    自分には共感できないところが多くあった。
    やっぱり正統派ファンのための作品集だなぁと実感。
    ネット購入でなく実際に手に取って選ぶことが正解。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

1954年生まれ。18歳で『りぼん』で漫画家デビュー。代表作「たそがれ時にみつけたの」でまたたく間に人気を得、1980年代にかけて『りぼん』の看板作家として活躍。おとめチックという新ジャンルを牽引。

「2016年 『本や紅茶や薔薇の花』 で使われていた紹介文から引用しています。」

陸奥A子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ガブリエル・ゼヴ...
宮下 奈都
山口恵以子
エラ・フランシス...
辻村 深月
恩田 陸
大西 進
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする