いちばん簡単、きれいに作れる がまぐちの本

著者 :
  • 河出書房新社
3.70
  • (5)
  • (7)
  • (10)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 106
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (74ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309283722

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 終わってた、、、
    5/25 越膳夕香さんの「がまぐちワークショップ」開催 
    ★☆★ がまぐちワークショップ開催のお知らせ ★☆★

    「がまぐちの本」の著者、越膳夕香さんによる 『いちばん簡単!縫わずにできる"がま口扇子入れ"ワークショップ』が開催されます。

    とき:5月25日(土) 10:00~16:30
    参加費:¥1,000(口金・本革・紙ひも等、材料費込)
    場所:(株)角田商店 東京店    
    電話 03-3851-8186
    http://www.kawade.co.jp/news/2013/05/525.html
    バッグや財布用金具材料の卸・小売・通販の角田商店
    http://www.towanny.com/
    xixiang
    http://www.xixiang.net/

    河出書房新社のPR
    「いままでになかった「がまぐち」の手づくり本。小銭入れやポーチ、ポシェットやミニバッグまで、1冊まるごと全部「がまぐち」。簡単できれいに作れるテクニックを、全作品実物大型紙つきでご紹介。」    

  • シンプルでわかりやすいです。

    この本に載っているサイズのがま口を柄を変えて作るだけなら
    簡単に綺麗に作れるのではないかと思います。
    型紙の修正などについては書かれていないです。

    初心者よりも中級者向けなのかもしれません。

    口金につける飾りの案がたくさん載っていたのが
    私は参考になりました。

  • 多分一番簡単に作れる印鑑ケースを作ってみました。
    手持ちのがまぐちの口金で作ったので、巻末付録の型紙に合わず口金に合わせて型紙から作ったのですが、一時間位で出来ました。
    縫わないで接着して作るのは、思ったよりも簡単で綺麗に仕上がります。
    がま口初挑戦の私でも出来ました(^ ^)

  • シックな感じのがま口が多い。
    作り方が写真付きなのはいいけど、もうちょっと大きくてカラーだともっとわかりやすいと思う。

  •  どの作品もとても綺麗! 表紙に代表されるようなシックながま口が多い。
     がま口の作り方をふと疑問に思って手に取った本だが、こういうのができるなら実際に作ってみたいとまで感じさせられた。

  • 一つ作ってみました。でも、見ているだけでも楽しい♪

  • 今ちょっぴりブームになってるがま口なんですが、
    なかなか作るとなると手が込んでいてくじけそうだったのですが、
    これはわかりやすく解説されていてよかったです。
    もう少し細かいところが図とか写真になっているともっとよかったのになと思いました。

  • 色々なタイプのがま口の作り方が掲載されています。金具にボンドを塗るタイプの作り方です、一回作ると思ったより簡単 です。巻末に型紙有。

  • 作ってみたい形あり。
    型紙をがま口の形に合わせる説明があって、親切です。

全10件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

北海道旭川市出身。女性誌の編集者を経て作家に転身。手芸雑誌や書籍などで、布小物、ニット小物などの作品を発表している。和服地から革まで、扱う素材の幅は広い。各自が、好きな素材で作りたいものを作るフリースタイルの手芸教室「xixiang手芸倶楽部」を主宰。毎日の暮らしの中で使えるものを、自分仕様で作る楽しさを伝えている。

「2017年 『上質バッグと帽子 洗える麻糸で編む』 で使われていた紹介文から引用しています。」

越膳夕香の作品

いちばん簡単、きれいに作れる がまぐちの本を本棚に登録しているひと

ツイートする