東西不思議物語 (河出文庫 121A)

著者 :
  • 河出書房新社
3.46
  • (22)
  • (43)
  • (100)
  • (6)
  • (1)
本棚登録 : 480
レビュー : 39
  • Amazon.co.jp ・本 (235ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309400334

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 前口上にもある様に『不思議な物語を楽しんで欲しい』と言うのが文章から伝わってくる。肩肘張った感じが無く、適度に力が抜けている印象があり、その著者の気持ちが私をリラックスさせ、物語を尚面白く読めたように感じる。多分、澁澤龍彦自身、これを書いていて楽しんでいたんじゃないだろうか?そう思う内容だった。澁澤龍彦にしては珍しく、日本の不思議な物語が多く掲載されているように思う。挿絵が本のイメージと合っていて、文章の面白さとの相乗効果によって、尚面白く読めたと思う。これが新聞に掲載されてたのが不思議でならないけど。

  • 新聞連載コラム集なので、各章気にすること無く気軽に読める。
    外出時(あまり無いが)のお供。

  • 長男が学校文化祭の古本市でこれを買ってきたのを見て”親子だ”と思いました(笑) 内容は古今東西の不思議な話を簡潔に紹介するという感じ。一つ一つが短いのですぐに読めます。眠れぬ夜になどいかが?

  • 遠く朧な記憶を繙くと……
    高校生のときに初めて買った澁澤本がこれだったかも。
    古今東西の摩訶不思議な事物を取り上げた、
    新聞連載のコラムを纏めたもので、
    一話一話が短くて読みやすい、不気味でユーモラスな奇譚集。
    「天から降るゴッサマーのこと」の、
    ゴッサマー(gossamer)という奇妙な響きの単語が頭から離れない……。
    「ウツボ舟の女のこと」のお題は、
    後年「うつろ舟」として小説に結晶しましたね。
    それにしても、挿絵も凄いインパクトがあったなぁ。

  • 東西の怪談や神話の共通点や科学的考察からの比較。豆知識的小噺が満載で、原著に当たりたくなること請け合い。新聞への掲載ということで、シブタツの本領は押さえ気味だが、一部の官能的表現は醍醐味であります。

  • 思っていたよりずっと読みやすかった。古今(1980年あたりだけど)東西の怪奇譚にまつわるエッセイ集。博識だなー。耳袋なんかは私も読んだのに、どんな話があったか全然覚えていないし。ただの読み腐れだな。

  • 何故か私の周りには澁澤好きが多い。多いって2人位なもんだけど。…これ中学校とか高校時代に読んでたらきっとただでさえこじらせてた中二病がもっとこじれてたんだろうなぁと思わせる内容で何て言うかとても面白かったです。元は新聞のコラム?か何かだった様で、結構読みやすい。

  • 短い、澁澤さんのはもう少し長いのが好みである。
    すぐ終わってもったいない。

  • 奇談のアンソロジーで、澁澤版「妖異博物館」と言える。実際、いくつかのエピソードは「妖異~」にも収められているものである。
    「妖異~」よりは軽く、読みやすい印象。

  • 平易な文で読みやすい。

全39件中 11 - 20件を表示

著者プロフィール

1928年東京生まれ。東京大学仏文科卒。フランス文学者、エッセイスト、小説家、翻訳家。マルキ・ド・サドやジョルジュ・バタイユの著作の翻訳・紹介をする一方、人間精神や文明の暗黒面に光を当てる多彩なエッセイを数多く発表。晩年は小説を発表するようになり、遺作となった『高丘親王航海日記』は第39回読売文学賞を受賞した。1987年没。

「2018年 『ドラコニアの夢』 で使われていた紹介文から引用しています。」

東西不思議物語 (河出文庫 121A)のその他の作品

東西不思議物語の詳細を見る 単行本 東西不思議物語 澁澤龍彦

澁澤龍彦の作品

ツイートする