遠雷 (河出文庫 132A)

著者 :
  • 河出書房新社
3.63
  • (1)
  • (3)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 33
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (281ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309400518

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 肉体的な、因習的な、血縁的な、そんな農村を駆逐していく金銭的な、見栄的な、装飾的な都市化の波。わかりやすくいうとそういうことなのだろうと思う。それを実に、文学的に表現した作品。
    ただ、読んでいてさほど面白くなかったのは否定できない。
    でも、映画をもう一度観たくはなった。

  • 栃木などを舞台とした作品です。

  • 立松和平の遠雷を読みました。昭和50年代の宇都宮で新興住宅地に囲まれながらトマト栽培をしている青年と彼とかかわる人たちを描いた小説でした。私は永島敏行と石田えりが主演したATGの映画で観てとても気に入っている物語でしたが、立松和平が亡くなったこともあり、小説は今回初めて読みました。壊れてしまった村のしきたりと向かい合いながら農業を続けて行こうとする泥臭い青年の行動が魅力的に感じられます。お見合いで知り合ったガールフレンドの性的におおらかな考え方もいい感じです。「毎日こんなことができるといいな」「できるわよ、結婚すれば」という会話も印象的でした。とは言え、遠雷という表題が暗示するとおり、この二人を取り巻く環境はが大きく変わっていく兆しが見えているのでした。konnok的には、女性が不治の病にかかってしまうお涙ちょうだいの物語より、泥臭くても主人公たちの生命力が感じられるこういう物語の方がずっと気に入っています。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

小説家。1947年、栃木県生まれ。早稲田大学政経学部卒業。在学中に「自転車」で早稲田文学新人賞受賞。宇都宮市役所に勤務の後、1979年から文筆活動に専念。1980年『遠雷』で野間文芸新人賞、1997年『毒——風間・田中正造』で毎日出版文化賞受賞。行動派作家として知られ、近年は自然環境保護問題にも積極的に取り組む。

「2006年 『ブッダの道の歩き方』 で使われていた紹介文から引用しています。」

遠雷 (河出文庫 132A)のその他の作品

遠雷 (<VHS>)の詳細を見る 単行本 遠雷 (<VHS>) 立松和平
遠雷の詳細を見る 単行本 遠雷 立松和平

立松和平の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする