秘密結社の手帖 (河出文庫 121G)

著者 :
  • 河出書房新社
3.43
  • (19)
  • (28)
  • (88)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 415
レビュー : 22
  • Amazon.co.jp ・本 (329ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309400723

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 教養なさすぎてむずかった

  • 私が秘密結社を知ったのは、フリーメイソンくらいだったのですが、漠然としていて掴めない浮遊感があり、本書を知り手に取りました。
    切り離せないのが、宗教、儀式、犯罪など、これだけ知ればもうお腹いっぱいなのですが、そこは秘密、秘密がどんどん暴かれるので読む手が止まらずでした。
    スローガンが何処の秘密結社にもあり、犯罪、革命、慈善団体など、中でも戦争とは離れがたい逸話があり、大変興味深かった一冊。
    謎だと暴きたくなる渇望を満たしてくれました。

  •  ヨーロッパを中心として、様々な秘密結社を紹介しまくる本。学術的な感じは一切なく、読者に地図を示す前書きも無いからどこに連れていかれるのか分からないし、2012年に刷られてるのに文字が小さく掠れてるし、「土人」など今じゃ見かけない言葉もガンガン出てくるし。「一説によると」「と言われる」「という」「らしい」「に違いない」など、Wikipediaに書いたら[要出典][要検証]だらけになりそうな怪しすぎる記述。書きっぷりも書かれている内容もメチャクチャ怪しい。奇書と言ってもいいかも。
     自分で自分のちんちんを切り落とすとか、それすら生ぬるいあれこれが一定の集団の中で行われていたのが俄かには信じ難い。
    フリーメーソンについて勉強したいとか、そういう需要に応える本ではないけれど、知識を蓄えるのとは違った、秘密めいた面白さがあった。

  • 2014.2.6 読了

  • 秘密結社の定義から、世界中の秘密結社について紹介されていて面白かった。
    著者あとがきにもあったように日本の秘密結社についてもっと記載があればよかった。

  • 秘密結社の輪郭/原始民族の結社とその名残り/古代における密儀宗教/グノーシス派の流れ/薔薇十字団/フリーメーソン/さまざまな政治的秘密結社/クー・クラックス・クランその他/犯罪的結社その他/悪魔礼拝と魔術のサークル/アジアの秘密結社/イスラム教の秘密結社

  •  時を空けずに、2冊目澁澤 龍彦を読む。薔薇十字軍、フリーメーソンなどなど、都市伝説を網羅しているのが本書だ。好きな人にはたまらない。

  • 古今東西の秘密結社についての本。
    古典的作品なので、現代の陰謀論的な秘密結社は少なく、古代からの秘密結社の歴史が紐解かれているのが、期待と違ったけれど面白かった。
    世界史詳しかったらもっと楽しかったんだろうな。勉強します!

  • うん。

  • 古代の密儀や未開民族の呪術に始まり、近代の政治的・暴力的秘密結社にいたるまで、世界中の名だたる秘密結社を総括。よくまとまった良書。さすがは澁澤と勝手に納得する。

全22件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1928年東京生まれ。東京大学仏文科卒。フランス文学者、エッセイスト、小説家、翻訳家。マルキ・ド・サドやジョルジュ・バタイユの著作の翻訳・紹介をする一方、人間精神や文明の暗黒面に光を当てる多彩なエッセイを数多く発表。晩年は小説を発表するようになり、遺作となった『高丘親王航海日記』は第39回読売文学賞を受賞した。1987年没。

「2018年 『ドラコニアの夢』 で使われていた紹介文から引用しています。」

秘密結社の手帖 (河出文庫 121G)のその他の作品

秘密結社の手帖の詳細を見る 文庫 秘密結社の手帖 澁澤龍彦

澁澤龍彦の作品

秘密結社の手帖 (河出文庫 121G)を本棚に登録しているひと

ツイートする