日本版 ホームズ贋作展覧会〈下〉 (河出文庫)

著者 :
  • 河出書房新社
3.25
  • (1)
  • (0)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 28
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (237ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309402673

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  なぜか上巻より先に下巻を購入。
     先に読んだ海外版(全1巻)では解説がしょぼいと酷評しました。
     
    “ホームズ贋作展覧会 解説に不満”
      https://diletanto.hateblo.jp/entry/2019/05/18/210450
      
     しかし本巻では新保博久さんによる解題と、
     
    パロディ翻訳史さんぽ 付=長編・短編集リスト 新井清司
     
    がついていてgood!
     新保さんの解題は作品の背景がよく分かる。
     やはり短編アンソロジーにはこういった解題があるとより楽しめます。
     パロディ翻訳史も史料的価値高し。
     こういった貴重な記述が含まれていると読了後に古本屋に売らずに所持しておこうというインセンティブが高まります。
     やはり文庫本の付加価値は優れた解説ですよ。

    ◆葉桜の迷路 阿刀田高
     碁を打ちながら和尚が事件を解決。飄々とした感じが良い。このシリーズ、読んでみたい。
     
    ◆シャーロック・ホームズの内幕 星新一
     星新一は「解説を必要とするような難解な、あるいは不出来な作品ではない」と書かれているようだ。しかし、
     
    「ミステリィの古典を材料にして新しいショート・ショートをつくる試み」という雑誌の企画に応えたもの
    パロディ雑誌『マッド』風のイラストで飾られていた
     
    というような情報を知ればもっと作品が楽しくなる。
     難解でない、良く出来た作品でも解説・解題の類いがあればもっと深く広く楽しめると思います。
    ◆ガリバービル家の馬 中川裕朗
     ホームズ物とガリバー旅行記を組み合わせたハチャメチャパロディ。解説の新保氏も書かれているように「まさに怪作と呼ぶべきだろう。」
       https://diletanto.hateblo.jp/entry/2019/06/08/084407

  • ホームズのぱちもん短編や、ホームズにちなんだ短編のアンロジー。
    面白いのもあったしつまらないものもあった。
    柴田錬三郎の「名探偵誕生」が一番面白かったかな。

    ダンシング・ロブスターの謎 / 加納一朗著 ★4つ
    名探偵誕生 / 柴田錬三郎著 ★4つ
    葉桜の迷路 / 阿刀田高著 ★3つ
    シャーロック・ホームズの内幕 / 星新一著 ★3つ
    新赤髪連盟 / 鮎川哲也著 ★4つ
    赤馬旅館 / 小栗虫太郎著 ★2つ
    ガリバービル家の馬 / 中川 裕朗著 ★2つ
    狂った蒸発 / 山村正夫著 ★2つ

  • イメージ参照(http://blogs.dion.ne.jp/kentuku902/archives/5629466.html)
    (収録作品)ダンシング・ロブスターの謎(加納一朗)/名探偵誕生(柴田錬三郎)/葉桜の迷路(阿刀田高)/シャーロック・ホームズの内幕(星新一)/新赤髪連盟(鮎川哲也)/赤馬旅館(小栗虫太郎)/ガリバービル家の馬(中川裕朗)/狂った蒸発(山村正夫)

  • 『ダンシング・ロブスターの謎』 加納一朗
    英国人医師サミュエル・ホック氏の推理。小田病院での女性の死。4人の入院患者。被害者の「踊る海老」という言葉の謎。

    『名探偵誕生』 柴田錬三郎
    自殺したホームズの恩師ロス博士。友人ペインズの証言。シェークスピアのモノマネをする謎の老人。

    『葉桜の迷路』 阿刀田高
    囲碁を打ちながら推理する和尚。作家に届けられた脅迫状。3年前にも同様の事件が。和尚の出した3つの質問。学校の鉄棒と赤毛連盟の謎。

    『新赤毛連盟』 鮎川哲也
    姪の友人が秘書の募集に応募し関わった謎の詐欺事件。試験出かけた3人の大学生。合格発表に会社を訪れると応募自体が無いことが判明。試験会場に向かう途中に見かけた「RN」のネオンの秘密。

    『赤馬旅館』 小栗虫太郎
    ラジオドラマ。富豪の家の家庭教師として住み込みで働き始めたアン。奇妙な扮装をさせられたり、謎の人物が寝室に侵入するという相談。

    『ガリバービル家の馬』 中川裕朗
    死後の世界。ガリバーからの依頼に挑むホームズ。

    『狂った蒸発』
    整形によりシャーロック・ホームズにそっくりになった男が巻き込まれた殺人事件。

     2010年10月28日読了



     2010年1月31日購入

全4件中 1 - 4件を表示

鮎川哲也の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
コナン・ドイル
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする