死亡遊戯 (河出文庫文芸コレクション)

著者 :
  • 河出書房新社
3.08
  • (1)
  • (3)
  • (17)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 59
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (170ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309405629

作品紹介・あらすじ

新宿・歌舞伎町、死と背中あわせに生きるチンピラたちの暗黒を、ナイフのような文体でハードかつヘヴィに描ききり、発表時から反響をよんだ輝やかしきデビュー作。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 情景からの知覚を頼りに進んでいくストーリーの速度が良かった。神経の回路が煌めくというのか、その光が文章から感じられた。ただ光と光の切れ間が暗すぎて、軽い盲状態に陥るのが難点。

  • ハードボイルドな世界観が描かれています。

  • 著者が当初付ける予定だった『青の中の黒』というタイトルの方が、10倍カッコイイ。

  • 短いリズムによって描かれる神経描写。それは決して心理描写でない。突き進む歌舞伎町の若者。そして死。殺人。性。複雑に入り組んだ日本の裏の世界。そしてそれは並べられた短い単語から十分に想像、体験できる。心でなく、神経に傷をつけられてしまうような小説。しかし読者独特のマゾヒズムはそれを受け止め、楽しむ。やはり、麻薬としての小説。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

作家

「2022年 『ベストエッセイ2022』 で使われていた紹介文から引用しています。」

藤沢周の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
フランツ・カフカ
谷崎潤一郎
三島由紀夫
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×