蝶の皮膚の下 (河出文庫)

著者 :
  • 河出書房新社
3.00
  • (0)
  • (6)
  • (21)
  • (2)
  • (2)
本棚登録 : 66
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (184ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309405780

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 文はとっても美しく魅力的。しかし、意味がよく分からない。

  • ここまでよく分からない作品に久々に出会った。私には、一度読んだだけでは赤坂真理は理解できない作家なのかも知れない。
    主人公の梨花は、ホテルでフロントの仕事をするという健全な社会生活の裏で、酒やアルコールで精神を保つ毎日。そんな梨花が出会った航は、元ボクサーで、試合中に受けたダメージによって、脳に障害を負っていた。梨花は自分の力で航を救おうと、かつて航が治療を受けていた病院を訪れ、吉岡という医師と出会う…。
    梨花と航と吉岡が、すごいスピードでドロドロ入り乱れて(三角関係という意味ではなく)、どう処理していいか分からなくなる。そして急速にラストを迎えてしまう。むむ。難しい。

  • 文体が独特ですよね…。主観的すぎて最初は理解できなかったんですが、その世界観の中に没入したら楽しく読み進めることができました。面白かったです。

  • 10年前にこの作品と出逢って
    幾度と無く読んでいるはずなのだけど
    まだ理解出来ない
    あと何回読んだらわたるとりかに近づけるだろう
    痛みだけがリアル。

  • 未読

  • 薬物依存症の女と、脳に特殊な障害の出た元ボクサーの話。
    まーなんつーか対象は違うにしても、依存度の高さ真っ最中の女の話というのは、経験してきただけにしっかりせーよと思ってしまってうっとうしい。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

人間の知覚の限界に迫る『ミューズ』で野間新人賞、『東京プリズン』では、少女の目で「戦後」を問い、毎日出版文化賞、司馬遼太郎賞受賞。小説の他に、『愛と暴力の戦後とその後』『モテたい理由』など評論も話題。

「2019年 『箱の中の天皇』 で使われていた紹介文から引用しています。」

蝶の皮膚の下 (河出文庫)のその他の作品

蝶の皮膚の下 単行本 蝶の皮膚の下 赤坂真理

赤坂真理の作品

ツイートする