寄席爆笑王 ガーコン落語一代 (河出文庫)

著者 : 川柳川柳
  • 河出書房新社 (2009年11月5日発売)
4.29
  • (3)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :25
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (238ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309409887

作品紹介・あらすじ

昭和三十年、名人圓生に入門を許され、三遊亭さん生となる。無類の酒好きが昂じ、何度もしくじる。寄席はうけなきゃ意味ないよ、とソンブレロ姿にギターを抱え、ラテン、ジャズ、歌謡曲を織り混ぜた高座で一躍マスコミの寵児に。東宝オマンコ事件から落語協会分裂騒動まで、痛快無比の落語一代記。

寄席爆笑王 ガーコン落語一代 (河出文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • あはは、これも面白い。戦争に対する記述は荷風の「断腸亭日乗」に通ずる面白さ。上品な文楽の後でこれを読むのもなんだけど、いやいや面白かった。デモこの本ははっきり言ってすごく下品です。

  • 薄い

全2件中 1 - 2件を表示

川柳川柳の作品

寄席爆笑王 ガーコン落語一代 (河出文庫)はこんな本です

ツイートする