枕女優 (河出文庫)

著者 :
  • 河出書房新社
2.44
  • (2)
  • (9)
  • (38)
  • (46)
  • (14)
本棚登録 : 257
レビュー : 30
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309410210

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 薄っぺらい。がっかり。片手で軽く書いた感じ。

  • なんとなくなるほどなぁーと女優の舞台裏を見たような気持ちになる。笑
    全員が全員じゃないけど、なんかおかしいもんなあのドラマ。とか思うの結構あるもんね。なるほどね、そういう契約があるのか。と。

    女優じゃないけど、キムタクの演出、いつもキムタクまんまだもんな。どのドラマにどんな役についてもキムタクはキムタクのまんまでなんにも変わらないもんね、役作り。

    まぁキムタクじゃなくても結構そういうの多いか、上戸彩とかも役柄割と似てるかなーちょっととぼけ気味のおっちょこちょいな感じとか。まあ、もち合わせる雰囲気とかもあるだろうけど、ドラマは配役ありきで物語が作られるっていうのは、本当になるほどと思う。

  • タイトルで想像した通りの内容で、特別センセーショナルでもなかったな(汗)

  • 枕営業という、自分の体を売ってでも、這い上がりたい女優のお話。途中で、本編とは関係のないストーリーがインサートされていて、何だこれ?と思っていたが、最後まで読むと、その理由がわかる。(正確に言えば、多分、そういうことだろう と推測できる。)
    作者あとがきで、「事実とは言えないが、ウソではない」といったことを言っている。作者は芸能プロも経営しているので、本当なのだろう・・・。

  • 著者:新堂冬樹(1966-、大阪府)[工業高校中退]作家・芸能プロモーター

  • ほんとなのか、うそなのか
    わからんけど、まあこういう世界なんだろうなぁと思ってショックやなあて
    枕で勝ち取った世界。ほんとは純粋に憧れた世界。汚れていく自分と夢。その葛藤と夢に近くなっていく喜び。最後死んじゃったのはびっくりぽん
    田舎でのんびり暮らすもんだと思ってました

  • 芸能界で華々しく活躍するトップ女優を目指す弘子。業界で枕営業により、トップ女優の座を射止めるも、次第に「本当の自分」が圧殺され…

    暗い。エロ要素も微妙だし。うーん。

  • すべてを捨てて念願の女優になったが彼女自身が崩壊してしまった物語。
    演技の追及により自己人格の喪失が破壊を招き、下積み期間の自己犠牲がすべての根源となっている。
    ありえない話ではないと楽しめる作品。

  • 良かった良かった

  • P224
    大スターになる為に枕営業する女優の小説

全30件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1998年 『血塗られた神話』 で第7回メフィスト賞を受賞しデビュー。暗黒小説と純愛小説を書き分ける独自のスタイルで支持を集める。著書に、闇金融の実態を活写した 『炎と氷』、キャバクラ三部作の 『黒い太陽』 『女王蘭』 『帝王星』、AV女優の愛と信念の物語 『少女A』、新薬を巡り札束が飛び交うサスペンス 『医療マフィア』 (以上、祥伝社文庫)など多数。

「2020年 『痴漢冤罪』 で使われていた紹介文から引用しています。」

新堂冬樹の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする
×