NOVA 2---書き下ろし日本SFコレクション (河出文庫)

  • 河出書房新社
3.45
  • (14)
  • (42)
  • (52)
  • (13)
  • (1)
本棚登録 : 452
レビュー : 60
  • Amazon.co.jp ・本 (446ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309410272

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 宮部みゆき『聖痕』で1500円以上の価値がある。

    東浩紀『クリュセの魚』、法月倫太郎『バベルの牢獄』、津原泰水『五色の舟』で1500円以上。

    というか収録されている作品が全て素晴らしすぎる。

    こんな読書体験をさせてくれた、編者大森(悪者パパ)望氏に感謝多謝。

  • 大森望責任編集の書き下ろしSFアンソロジーの第2弾。ジュブナイル風から幻想小説風まで様々なタイプの作品が収められているのが嬉しい。お気に入りは「バベルの牢獄」と「五色の船」。

    法月綸太郎「バベルの牢獄」。紙媒体だからこそ可能な着想と、それを成り立たせるために凝らされた技巧に脱帽。ミステリファンにもオススメ。

    津原泰水「五色の船」。フリークス一家を巡る美しくも残酷な幻想小説。”くだん”の使い方も素晴らしい。

著者プロフィール

東浩紀(あずま ひろき)
1971年東京生まれ。批評家・作家。ゲンロン代表。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了(学術博士)。専門は哲学、表象文化論、情報社会論。
著書に『存在論的、郵便的』(サントリー学芸賞思想・歴史部門)、『動物化するポストモダン』、『クォンタム・ファミリーズ』(第23回三島由紀夫賞受賞作)、『一般意志2.0』、『弱いつながり』(紀伊國屋じんぶん大賞2015受賞作)ほか多数。『ゲンロン0 観光客の哲学』は第5回ブクログ大賞人文書部門、第71回毎日出版文化賞受賞作。

東浩紀の作品

ツイートする