NOVA 4---書き下ろし日本SFコレクション (河出文庫)

  • 河出書房新社
3.34
  • (3)
  • (18)
  • (26)
  • (6)
  • (0)
本棚登録 : 230
レビュー : 33
  • Amazon.co.jp ・本 (459ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309410777

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 責任編集:大森望
    最后の祖父(京極夏彦)◆社員食堂の恐怖(北野勇作)◆ドリフター(斉藤直子)◆赤い森(森田季節)◆マッドサイエンティストへの手紙(森深紅)◆警視庁吸血犯罪捜査班(林譲治)◆瑠璃と紅玉の女王(竹本健治)◆宇宙以前(最果タヒ)◆バットランド(山田正紀)

  • 120:森深紅さんが執筆陣にいらっしゃる! と大興奮。お仕事要素も絡めた、ライトな物語りながらも、「ラヴィン・ザ・キューブ」にも共通する透明感が素敵。最果タヒ「宇宙以前」はすごく好きな感じなのだけど、あと何回かは読まないと理解が追いつかなさそう。勿体ないなあ。初めて読む山田正紀作品「バットランド」。これもスケールが大きくて、ものすごい力作だということはわかるけど、自分の文系脳が悔やまれます。しょんぼり。

  • 文庫サイズの雑誌。
    SFマガジンやSFアドベンチャーより奇想天外や宝石、あるいはSF好きな編集が頑張ってる程度の文芸誌なんだな。
    読みそびれていた林譲治の長編を読む気が沸いた。

  • 山田正紀 『バットランド』 が面白い。量子力学流行りで頭がついていけないが、そりゃジャコパスとか出して来たらニヤニヤするじゃないか。SFファンにはマニアックな情報だ。ざまあみろという気持ちもある。バリエーションに富んでいてハードなものもいい刺激になる良アンソロジー。

  • 今回は斉藤直子「ドリフター」が面白かった。今回の中で、最もSFとはかけ離れているような気もする、元ネタが落語のコメディ風味ホラー作品。寡作な方らしいが、ファンタジーノベル大賞優秀賞を取った作品があるらしいので読みたい。

  • 京極夏彦の幻のデビュー作が収録されているというのに惹かれて購入。読めて満足。
    他の方々のも面白くないってことはなかったんですが、なんというか…全体的にパンチにかけるかなぁという印象でした。
    ミステリ、ファンタジー、ホラー、正統派などいろんなテイストのSFが収録されてます。

  • 京極夏彦 『最后の祖父』
    北野勇作 『社員食堂の恐怖』
    斉藤直子 『ドリフター』
    森田季節 『赤い森』
    森深紅 『マッドサイエンティストへの手紙』
    林譲治 『警視庁吸血犯罪捜査班』
    竹本健治 『瑠璃と紅玉の女王』
    最果タヒ 『宇宙以前』
    山田正紀 『バットランド』

  • 「赤い森」「マッドサイエンティストへの手紙」が好みなのはどうなんだ。「ドリフター」も脱力。いい。

  • 色んなテイストのをまとめて読めるのが、アンソロジーのいいところ。このシリーズはまだ二作目だけれど、『SF』ってほんとに幅広いなあってのを教えてくれる。安定のすっとぼけっぷりな北野さんをはじめどれもおもしろかったけど、京極さんの幻のデビュー作がまさかこういうSFだったとは。斉藤さんの意外なハードボイルドっぷりもよかったし、最果さんの夢のような雰囲気もよかった。楽しんだ。

  •  SF短編を集めたアンソロジー。今回あいにくとあまり肌に合う話は多くなかったのだけれど、斉藤直子「ドリフター」は軽妙かつコミカルで読んでいて非常に楽しかった。SFといっても幽霊話だ。だけど幽霊とのかけあいがコントっぽい。というかドリフっぽい。そしてなにげに警備員のおっちゃんのキャラクターに味がある。
     山田正紀「バットランド」は壮大な設定の中編で、アンソロジーとしては思いがけず読み応えがあった。正直いってSF設定部分は抽象的すぎて全然ついていけなかったんだけども(アタマの悪い読者でお恥ずかしいことです)、キャラクターにクセがあって、人間ドラマ部分が面白かった。この方の小説は「神狩り」しか読んだことがなくて、そのときには人物描写に納得がいかなくて苦手意識が残った記憶があるのだけれど、また印象が違う。そのうち別の著作も探してみようかと思う。

全33件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

著者:北野勇作(きたの・ゆうさく)
1962年、兵庫県生まれ。
92年、「昔、火星のあった場所」で日本ファンタジーノベル大賞優秀賞を受賞してデビュー。
『かめくん』で日本SF大賞受賞。
主な著作に『ヒトデの星』『社員たち』(河出書房新社)、『どろんころんど』(福音館書店)、
『かめくん』『きつねのつき』『カメリ』(河出文庫)など。
新作落語の会〈ハナシをノベル〉では、ノベラーズの一員として新作落語を書く。
田中啓文との朗読ユニット〈暗闇朗読隊〉として、不定期にライブを行っている。
Twitter連載【ほぼ百字小説】はルーティンワークで、現在1,200作を超えている。

「2019年 『この世界はなんだ!?じわじわ気になるほぼ100字の小説』 で使われていた紹介文から引用しています。」

北野勇作の作品

NOVA 4---書き下ろし日本SFコレクション (河出文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする