NOVA 5---書き下ろし日本SFコレクション (河出文庫)

  • 河出書房新社
3.44
  • (7)
  • (47)
  • (53)
  • (10)
  • (0)
本棚登録 : 408
レビュー : 62
  • Amazon.co.jp ・本 (442ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309410982

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 図書館
    http://booklog-m.jugem.jp/?eid=62&guid=ON
    ブクログのオススメ本、読んでみました。須賀しのぶさんが書いていると聞いて^▽^
    どれも面白かったです!
    一番気に入ったのは「スペース金融道(宮内悠介)」ほかの作品も読みたいと思わされました。
    「ナイト・ブルーの記録(上田早夕里)」も面白かったです。たしか12年の星雲賞受賞した方ですっけ。

    「凍て蝶(須賀しのぶ)」は幻想ホラーファンタジーとでもいえばいいのかしら…
    須賀作品は主人公のジェットコースター人生が面白いと思ってるんですが、本作は「主人公が謎めいたヒロインと出会い、ある事件があり、ヒロインが過去を語る」という流れ。語られる過去は激しいんですが、過去のことなんですよねー。波瀾万丈の人生送ってきたヒロインの人生のクライマックス部分って感じ……
    うーんうまく言えない´・ω・` ヒロイン視点でもうちょっと長い話で読んで見たかった。

  • NOVA1~4は未読だけれど、
    5の評判があまりに良かったのでここから。
    すごく面白かった!

    伊坂幸太郎のSFは伊坂幸太郎らしいなあという感じで、「あるキング」みたいな実験的な作風ではない。地味な超能力とか個人的な救世主とかちまっこい伏線とか個人的にたまらないモチーフがいっぱいなので胸が熱い。

    図子慧の「愛は、こぼれるqの音色」のチヨダコーキっぽさ、よい。酔う。

    でも何より宮内悠介の「スペース金融道」が面白かった!
    これ沢山よみたい!
    本気でスペース金融道はシリーズ化するんじゃなかろうか。
    いや、シリーズ化したところで第一話がいちばん面白かったね…って
    なる可能性は大きいんだけども…それだけこの話は良いのだけども…

    全体的に毛色の違うSFが盛り込んであって、しかも全部が面白かった。
    そんなアンソロジーなかなか無い。国内SFではなおのこと。
    ほかのNOVAも読もう。

  • SFの書き下ろしアンソロジー第五弾。
    おれのお目当ては伊坂幸太郎さんでしたが、どの作品も面白くて驚きました。
    おれはあまりジャンルにこだわって作品を選ぶということはないのだけれど、SFの面白さを痛感させられました。
    アンソロジーなのも色んな作家さんに出会える上に読みやすい長さの作品が集まって嬉しい。
    一番のお気に入りは伊坂幸太郎さんの「密使」。
    時間SFを扱った作品で、こじゃれた表現やコミカルな登場人物達に伊坂さんの魅力が満載で抜群に面白かった。
    他の作家さんは恥ずかしながら皆初めて読む作家さんだったのだけれど、どの作品も本当に面白かった。
    特に良かったのは宮内悠介さんの「スペース金融道」と図子慧さんの「愛は、こぼれるqの音色」かな。
    SFというものの魅力に気付かされたので、他の作品も、他の「NOVA」も読んでみたいと思いました。
    いいものを読んだなぁ。

  • 今までで一番面白かった巻かもしれない。どれも粒ぞろいで、アンソロジーなのに読みやめられませんでした!

    笑えるものもあり泣いてしまうものもあり、一個も外れなし。なんだけど、密使だけ意味がわからなかった。。。

    含めて、もう一度読み直したいです。火星のプリンセスは早く続きを。。。

著者プロフィール

東浩紀(あずま ひろき)
1971年東京生まれ。批評家・作家。ゲンロン代表。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了(学術博士)。専門は哲学、表象文化論、情報社会論。
著書に『存在論的、郵便的』(サントリー学芸賞思想・歴史部門)、『動物化するポストモダン』、『クォンタム・ファミリーズ』(第23回三島由紀夫賞受賞作)、『一般意志2.0』、『弱いつながり』(紀伊國屋じんぶん大賞2015受賞作)ほか多数。『ゲンロン0 観光客の哲学』は第5回ブクログ大賞人文書部門、第71回毎日出版文化賞受賞作。

東浩紀の作品

ツイートする