パノラマニア十蘭 (河出文庫)

著者 :
  • 河出書房新社
3.94
  • (5)
  • (6)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 91
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (330ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309411033

作品紹介・あらすじ

フェミニズムからマチスモまで、真摯にしてかつ一筋縄でいかぬ10の物語。読者の期待を裏切らない、至高の傑作小説群。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 系推薦図書 総合教育院
    【配架場所】 図・3F開架 
    【請求記号】 913.6||HI

    【OPACへのリンク】
     https://opac.lib.tut.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=181787

  • この人の短編では「漂流もの」(昔の)っていうのがジャンルになっている感がある。阿倍仲麻呂から江戸時代まで、このジャンルに佳作多い。個人的には江戸の庶民の目で異人の風俗を100%の日本語で語るという技、これが何ともおかしい。はまってしまいます。

  • 十蘭の北方史への愛着を感じる漂流もの2編の描写が実に痛ましい。舵も帆も失って数年間も流され続ける船の上で、飢え、絶望し、心身共に蝕まれていく人々。東北の大飢饉の中、新天地を求めてなお夢破れた人々。悲しくはあるけれど、精一杯生きようとした人々の夢のあとがじわっと胸にしみる。

  • 2012/9/6購入

  • 河出文庫の十蘭短編集も3冊目。個人的には戦時中の異国ものよりは、日本の時代ものが面白かったです。

    ※収録作品
    「女傑」号/巴里の雨/風祭り/幸福物語/手紙/半未亡人/田舎だより/ひどい煙/重吉漂流紀聞/ポニン島物語

  • 文庫で読む十蘭傑作選、好評第3弾。ジャンルは、パリ物、都会物、戦地物、風俗小説、時代小説、漂流記の10篇。全篇、お見事。

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

1902-1957。作家。雑誌『新青年』などで活躍。「鈴木主水」で直木賞受賞、「母子像」で国際短編小説コンクール第一席。

「2015年 『内地へよろしく』 で使われていた紹介文から引用しています。」

パノラマニア十蘭 (河出文庫)のその他の作品

久生十蘭の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
安部 公房
J.K. ユイス...
倉橋 由美子
ウンベルト エー...
J.L. ボルヘ...
J.L.ボルヘス
ウンベルト エー...
J.L. ボルヘ...
有効な右矢印 無効な右矢印

パノラマニア十蘭 (河出文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする