池上彰の選挙と政治がゼロからわかる本 (河出文庫)

著者 :
  • 河出書房新社
3.59
  • (4)
  • (10)
  • (14)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :114
  • レビュー :11
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309412252

作品紹介・あらすじ

95のダイジェスト解説で、日本の政治の「いま」が見える!「衆議院と参議院」「派閥」「二世議員」「政権選択選挙」「マニフェストと公約」「1票の格差」…。おなじみのわかりやすい池上解説で、今さら人に聞けない疑問をすっきり解決。税金をムダ遣いせず、有効に使う政治家を、賢く見抜くための本。あなたの投票で、世の中は変わる!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • あくまでも本書で述べられているのは基本の「キ」であり、「ホ」以降は自分自身の意思で知るしかない。ここにあるのは完全な答えではなく、答えにたどり着くためのヒント。そこを忘れないようにしたい。

  • 配置場所:摂枚文庫本
    請求記号:314.8||I
    資料ID:95130744

  • たいへんわかりやすくてよい本だけど、アメリカの政治をここまで説明する必要があるかなとも思う。それだったら地方自治体の選挙と政治について説明してくれたほうがよりためになったのではなかろうかと。

  • 6割が日本の、4割がアメリカの選挙制度に関する話。自分が知りたかった日本の選挙制度の基本的なところは網羅されていたので満足。

  • 来週末は、選挙に行こう!

  • 本書では、二院制を容認しているみたいです。わたしも昔はそうでした。が、コストも考慮して、もう一度考えたいです。あと、ネット選挙。空振りだったのじゃないかと。演説会の場所・開催時刻の告知ばかりで、1日で見るのを止めました。

  • 以前読んだ「池上彰の政治のニュースが面白いほどわかる本」と重なる内容もあるが、今回はより詳しくタイムリーな内容も含まれている。アメリカ大統領オバマ氏の出生や経歴などや、アメリカの大統領選挙と日本の選挙の違いに興味が沸いた。「選挙とは、私たちが納めた税金の使い方を決める人を選ぶもの」にインパクトがあった。

  • booklive
    非常に読みやすいが、95%ぐらい知っている内容。

  • とても分かり易く解説されています。

    と思ったら、「14歳の世渡り術」シリーズと言うものから、一般用に加筆修正されたものらしいです。

    さすが池上さん!と思える1冊でした。

  • 選挙前に一読!

全11件中 1 - 10件を表示

池上彰の選挙と政治がゼロからわかる本 (河出文庫)のその他の作品

池上彰の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
ジャレド・ダイア...
佐々木 圭一
又吉 直樹
東野 圭吾
伊賀 泰代
有効な右矢印 無効な右矢印

池上彰の選挙と政治がゼロからわかる本 (河出文庫)はこんな本です

池上彰の選挙と政治がゼロからわかる本 (河出文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする