屍者の帝国 (河出文庫)

  • 河出書房新社
3.60
  • (84)
  • (157)
  • (164)
  • (36)
  • (9)
本棚登録 : 1941
レビュー : 194
  • Amazon.co.jp ・本 (525ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309413259

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 十九世紀末、屍者復活の技術が全欧に普及した時代━
    医学生ワトソンは大英帝国の諜報員となり、通訳兼行動記録係である実験体・フライデーと陸軍大尉バーナビーと共にアフガニスタンに潜入。
    その奥地で彼らを待ち受けていた屍者の国の王カラマーゾフより渾身の依頼を受け、「ヴィクターの手記」と最初の屍者ザ・ワンを追い求めて世界を駆け巡ることに━
    伊藤計画の未完の絶筆を円城搭が完成させた奇跡の超大作。


    春先にWOWOWでアニメ放送を流し見したのがきっかけで読みました-

    でも持病で集中力欠如してるからか、文が合わないのか…毎朝15分くらいちまちま読み進めてました。
    物凄く時間がかかったよ-
    そして内容を理解したとは全く思えない…


    あと、屍体が動いて人間の命令を聞いて、っていうのが…腐らないのが不思議。


    私には“生きている”ってどういう状態なんだろう?と考えさせられる物語でした。
    普段、ほぼ決まりきった日常を、あまり考えず繰り返して生活している身としては、生者の命令で動いている“屍者=死んでいる”と違いは殆ど無いんじゃないかと思って。


    読み返すのは苦行なので…もう一度アニメをみてみようと思います。

  • 伊藤計劃の未完の3部作目ということで手に取ったが、やっぱり違いますね。円城さんの責任でもないと思うのですが、フランケンシュタインという古典をモチーフにしたところの無理感がとてもあって、緻密なSF世界を構築できていない。途中で投げ出しました。

  • 興味深かったが小難し言葉の羅列で煙に巻かれた感じ。
    どこにいっても話者が変わっても延々と続く小難しい版の学級会議。
    時折挟まれる軽めのキャラクター劇がその小難しさと調和していない感じで終始ふわふわ。
    いつかまた読み返す日がくるかどうかは微妙な作品でした。

  • それぞれの登場人物の原設定をよく知っていれば、何倍も楽しめたこと間違いなし。ただ、それを差し引いても十分に楽しめるエンターテイメント作品だった。あとがきにあるとおり、原案が伊藤計劃で、文章量としてはほとんど円城塔の作品。円城塔は伊藤計劃のことばかり褒めるけれど、どちらも力のある作家。

  • 割とインテリな主人公がある者を追い続けるというプロットの部分だけは『虐殺器官』や『ハーモニー』に通しるものを感じるが、ディテールの部分はやはり違うなという印象。正直感想を書けるほど頭が整理できていないので、もう一度読み直したときに書くことにしよう。

  • う~ん…。登場人物がジョン・ワトソンやカラマーゾフ兄弟やレット・バトラーといった、有名小説の登場人物の競演といった設定は面白い。ただ、謎が謎を呼び、質問を質問で返し、いつになっても本題に入り込めない。やっとちょっと興味を持って読み始められたのは3章の終わりになってからだった。ザ・ワンのやりたい事は分かったが、結局最後まで主人公・ワトソンが何を望んで何を好む人なのか、魂の熱のある所が読み取れなくて残念感が強かった。

  • なかなか難しい。

  • 20171231

  • 当時の生きていたとされる人物が実在架空問わず出てきて規模の大きな話が展開される。ぎゅっと濃縮したような作品だった。大型長編にもできそうなスケールの大きさのある作品。読むと関連した書籍を手にしたくなるオマケ付。話としても面白いのでオススメ。多少、SFについていく感覚が必要だと思うけどついていけたら色々考える余裕も生まれてより愉しく読めると思う。

  • ↓利用状況はこちらから↓
    http://mlib.nit.ac.jp/webopac/BB00542294

全194件中 41 - 50件を表示

著者プロフィール

1974年東京都生れ。武蔵野美術大学卒。2007年、『虐殺器官』でデビュー。『ハーモニー』発表直後の09年、34歳の若さで死去。没後、同作で日本SF大賞、フィリップ・K・ディック記念賞特別賞を受賞。

「2014年 『屍者の帝国』 で使われていた紹介文から引用しています。」

屍者の帝国 (河出文庫)のその他の作品

屍者の帝国 単行本 屍者の帝国 伊藤計劃
屍者の帝国 (河出文庫) Kindle版 屍者の帝国 (河出文庫) 伊藤計劃

伊藤計劃の作品

ツイートする