屍者の帝国 (河出文庫)

  • 河出書房新社
3.60
  • (84)
  • (157)
  • (163)
  • (36)
  • (9)
本棚登録 : 1940
レビュー : 193
  • Amazon.co.jp ・本 (525ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309413259

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 架空の人物と歴史上の人物が入り乱れて活躍する19世紀が舞台のスチームパンク・・・という側面では気楽に読める娯楽作なのだけれど、いかんせんテーマが難解、SFとしての部分で脳みそがついていけず、ちょっとしんどい部分もありましたが、概ね楽しく読み終えました。しかしある意味、衒学的というか・・・作者が持っている同等の知識を読者も持っていないと完全には理解できないし、楽しめないのではないかとも思います。せめて巻末か巻頭に、登場人物一覧(元ネタと架空か実在かの区別)と、現実の歴史年表および地図、くらいは付録としてつける親切心は欲しかったかも。

    主人公は、かのホームズの相棒ワトソン君(※ストーリー上ではホームズと出会う前)、彼をとりまくおもな架空の登場人物たちは、カラマーゾフの兄弟、ドラキュラ退治のヴァン・ヘルシング、フランケンシュタインの怪物、風と共に去りぬのレッド・バトラー、未来のイブのハダリーなど。実在の人物は沢山登場しますが、主要キャラではバーナビーや、グラント、リットン、ニコライ・フョードロフあたりでしょうか。二部の舞台が西南戦争後の日本なのですが、こちらは得意ジャンルなので大体の背景や人物の立場を把握できているのでわかりやすかった。

    ストーリーは、ひらたくいえば「ゾンビもの」でもあります。死体にある種の霊素をインストールすることで復活させる技術が確立していているもう一つの過去、例えばカレル・チャペックが近未来ディストピアの労働力として描いた「ロボット」や「山椒魚」と同じように「屍者」が労働力として社会を支えている世界。彼らがゾンビと違うのは、けして自主的には人間を襲って仲間を増やしたりはしないこと。生前の記憶や意思を持たず命令されたことに従うだけの機械同然だということ。この設定自体は非常にユニークかつ、ありそうで誰もやらなかったなという印象で、この設定だけでいくらでも物語を広げられそうな素材としてとても興味深い。たとえば死体さえあれば、歴史上の有名人や偉人、早逝した女優や俳優、あるいはもっと身近で大切な人を亡くした場合も、いくらでも不死身の屍体として甦らせることができるんですもの。夢が広がります(笑)

    しかし最終的なテーマとしては結構普遍的な「死とは何か」「人間を動かすものは魂なのか?」「では魂とは何で、どこにあるのか?」というようなもので、そこはなんというか、本作で重要な役割を果たすメアリ・シェリーの「フランケンシュタイン」の頃から未解決のお題なわけですから、そこに新鮮味はなかったかな。これ言ったら身も蓋もないけど、だったらメアリ・シェリーを読めばいいわけで。

    ワトソンが追跡する「ザ・ワン」は、フランケンシュタイン博士の作った怪物=人造人間界のアダムともいうべき存在で、彼とハダリー=未来のイブが対決する場面というのはちょっと面白かったですが、フランケンシュタインの知名度に比べてハダリーと聞いて即座に出典が「未来のイブ」だと気づく読者はどのくらいいるのかわからないけれど、彼女の正体が中途半端な形で終わってしまったのは勿体ない。ラストのアイリーン=ハダリーとかこじつけっぽいし、フライデー=モリアーティ教授?ってのも無理があるような。単に時代が被っているからという理由だったのか他に理由があったのか、レッド・バトラーの登場もやや唐突でした。

    伊藤計劃のプロットを引き継いだ円城塔の仕事ぶりには頭が下がるし、それなりに面白く読めたけど、何かが惜しい。基本はエンタメ作品であるはずなのに、これだけのページ数を読み終えて痛快さとか満足感とかが薄いのがちょっと残念でした。

  • 時は19世紀のロンドン。死体にあるソフトウェアをアップロードすることで「屍者」として動かし、労働力として活用することが一般的になっているこの世界において、優秀な医学生ジョン・ワトソンは諜報機関の大物「M」の誘いを受け、大英帝国の諜報員として英領インドに旅立つ。目的は、「屍者の帝国」を作ろうとした男の秘密を探り出すこと。次々と現れる謎の協力者たちやライバルたちや美女との権謀術数をくぐり抜けながら、戦乱のアフガニスタンへ、開国直後の日本へ、興隆著しいアメリカへ・・・世界各地を転々とするワトソンは、やがてある書物が全ての謎を解明する鍵となることを知る。その書物は今どこに?そして、書物と屍者をめぐる壮大な可能性とは?

    夭折したワン・アンド・オンリーなSF作家・伊藤計劃が書き遺したプロローグとプロットとを基に、円城塔が完結させた合作。
    伊藤計劃も円城塔も、どちらも読んだことがある鴨としては、全くテイストの異なるこの二人の作家がどのように融合あるいは化学反応を見せているのか、その点を楽しみに手に取ってみました。伊藤計劃のプロットに忠実に書き進めたとはいえ、伊藤計劃自身が手がけたのはプロローグの30ページ程度のみ。たぶん相当に円城塔寄りの作品になっているのでは、と予想してたんですが、読了後の感想は「思ったよりも伊藤計劃」でした。

    といっても、他の伊藤計劃作品とはかーなり違います。ジャンルとしては歴史改変もの、更に絞ればスチームパンク。これまでの伊藤計劃作品は現実社会と地続きの世界観の中、やたらと内省的な登場人物たちが個人の内面でいろいろと葛藤しつつ社会との軋轢にも苦しむというダークでクールなイメージで統一されていますが、この「屍者の帝国」はもぅ登場人物からしてパロディそのものですし、キャラの立ちまくった漫画的な脇役たち、スラップスティックな場面展開とド派手な戦闘シーン、ファンタスティックで絵画的なクライマックスと、何ともまぁ賑やかなこと賑やかなこと。正直なところ、少々とっ散らかって収拾がついていない印象も無きにしも非ずです。
    が、そんなおもちゃ箱のようなストーリー展開の底辺を重低音のように貫いているテーマ、「言葉と認識」「言葉と人間」の関係性というテーマが実に伊藤計劃的なんですね。「虐殺器官」も「ハーモニー」も、同様のテーマあるいは問題意識から書かれた作品だと鴨は理解しています。そういう意味で、この作品はまぎれもなく伊藤計劃の作品と言えますし、そこを最大限尊重してラストまで書き切った円城塔の力もたいへんなものだと鴨は思います。まぁ、クライマックスに至るまでのファンタスティックな突っ走りぶりは、伊藤計劃のプロットに従ったとはいえ思いっきり円城塔ワールドになっちゃってますがヽ( ´ー`)ノ

    ただ、鴨的には残念ながらストーリー全体のとっ散らかりぶりが目についてしまい、かつSFというより幻想小説だろコレといった印象もあって、面白かった!と言い切るには至らないところ。どちらかというと、円城塔慣れしている人にお勧めかもしれません。伊藤計劃しか読んだことのない人がコレを読むと、相当ビビると思います(笑)

  • やはりSFは苦手だ…_(┐「ε:)_

    虐殺器官、ハーモニーも読んだけれど、やはりこれだけかなり毛色が違う。円城さんはどこまで設定を知っていたのだろうか。プロローグだけしか知らなかったんだろうか。そうだとしたら、ここまで書き上げたのは、とってもとってもすごいことだ。

    とはいえ、なんか違うんだよなぁ。
    前2作はとても硬派なのに、今回はキャラがなんだかアニメくさい。特にバーナビー。個人的には大好きなんだけど、なんか違うんだ。あと、ハダリーもね。

    前2作は、世の中を良くしようとするシステム?が発動して終わり。今回はまた違ったエンドで、うん、それはまたそれでなんか違う気がするだ。
    ぶっちゃけると、「これ、3部作じゃなくね?」(›´ω`‹ )
    なんかなー。なんかなー。
    虐殺器官とハーモニーで一括り。屍者の帝国はまたべつかなぁ、と。

  • フライデーが円城先生の立ち位置のように感じた。エピローグの独白は鳥肌もの。

  • やっと読み終わった。映画観てみたいからどうせなら原作読んでから、と思って読み始めたもののけっこう時間かかってしまった。
    途中まで面白くてスイスイ読めたけど、ザ・ワン登場あたりから終盤の、物語のヤマ場が正直言葉だけではついていけなかった。何が何だか。ここの部分は映像のがいいんだろうな。ただ、魂の本質とは、という問いに最後提示される可能性にほほう、と。全然理解出来てないけど。
    メタルギアのノベライズも読んでみようかな。あと円城塔のも。

  • 2015年に映画化された、伊藤計劃の絶筆を円城塔が引き継いで完成させた1冊。

    映画が気になっていたので、見る前に読んでおこうと手にした、伊藤計劃初読の本作。
    あまり馴染みの無い時代背景と内容の難解さから、読むのがかなり困難でした…。笑

    全編通しての題材は「意識」と「言語」。
    SFに馴染みのない自分が、「これぞSF!」と言いたくなる程に良く練られている設定と展開には脱帽ですが、自分の読書力が足りないこともあり、描写の想像と、話の展開を理解することがどうしてもままなりませんでした…
    映画を見れば内容理解が深まるかなー、なんて思いましたが、映画は映画で登場人物と設定の変更があってもう降参。
    折を見て再読しようと思っている1冊です…。

  • あくまで円城塔の作品。
    伊藤計劃の「らしさ」は残っているけれど、本人でない以上、それ以上を求めても仕方ないと痛感。
    どうしても文章の中に伊藤計劃のミームを探してしまうので、単体の作品として割り切れず。
    小島イズムが欠けると、途端に伊藤計劃っぽさがなくなる気がする。
    『ハーモニー』がMGS2の相似形であったように、この物語も
    本来はMGS4の相似形であったのじゃないかという気がする。
    「ザ・ワン」という命名法は、伊藤計劃っぽいと思うけど。
    あとアフガニスタンの設定も、ザンジバーランドっぽい気がした。
    円城塔の作品としてなら☆4。

    きっと伊藤計劃なら、もっと『007』要素を盛り込んでだと思う。
    不必要なところにルビを振ったりもしないだろうし。
    落としどころが『ハーモニー』似だったのも消化不良。
    「きっと伊藤計劃がなら、その先に行っただろうに」と思われてならない。
    『シャーロック・ホームズ』『007』『フランケンシュタイン』『ドラキュラ』以外にも絡んでいる作品が、
    とにかく多いので、誰がフィクションで、誰が歴史上の人物なのか、区別がつかなくなる。
    逆に元ネタを知らない方が楽しめるのかも。
    ホームズ物での、凡人ワトソンしかイメージにないので、八面六臂の大活躍に少し戸惑う。
    いっそ“M”の弟の方が、嬉々として出かけて行きそうな気がする。

    ただオリジナルの『フランケンシュタイン』は読んでみようと思う。

  • ト、ト、ト、とテンポ良く読めるバトル部分は面白かったのですが、最後のXとはなんぞやと言う肝心の部分が何度読み返してもさっぱり理解できなくて、なんだか悔しい&悲しかったです。先の二作と比べるとやはりこれは伊藤計劃ではなく円城塔の作品かな。

  • 癌で亡くなった伊藤計劃の代わりに、円城塔が引き継いで完成した作品です。屍体蘇生術によって形成された独特な世界観に引き込まれます。伊藤先生がこの作品を完成させてたら一体どういう作品になったのか凄く気になります。

  • 蘇生技術の発展により【屍者】が日常生活に溶け込んだ19世紀を舞台に、産業スパイとなった主人公はオリジナルの屍者【ザ・ワン】の消息を追う冒険の旅に出る―。所謂歴史改変SFに属し、様々な歴史上の人物が史実と異なる形で登場するのが興味深い。伊藤計劃氏の遺した未完作品を円城塔氏が引き継いだ本作、紐解けばシンプルな構成のエンタメながら、円城氏の哲学的な(理屈っぽい)文体、それに付随する情報量の多さに辟易したのもまた事実。しかし「虐殺器官」にも通じる伊藤計劃『らしさ』を随所に感じさせるその筆力には感嘆せざるを得ない。

著者プロフィール

1974年東京都生れ。武蔵野美術大学卒。2007年、『虐殺器官』でデビュー。『ハーモニー』発表直後の09年、34歳の若さで死去。没後、同作で日本SF大賞、フィリップ・K・ディック記念賞特別賞を受賞。

「2014年 『屍者の帝国』 で使われていた紹介文から引用しています。」

屍者の帝国 (河出文庫)のその他の作品

屍者の帝国 単行本 屍者の帝国 伊藤計劃
屍者の帝国 (河出文庫) Kindle版 屍者の帝国 (河出文庫) 伊藤計劃

伊藤計劃の作品

ツイートする