想像ラジオ (河出文庫)

  • 河出書房新社
3.34
  • (68)
  • (166)
  • (178)
  • (72)
  • (28)
本棚登録 : 1716
レビュー : 211
  • Amazon.co.jp ・本 (215ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309413457

作品紹介・あらすじ

想像ラジオはタレントとしても知られているいとうせいこうさんの小説です。東日本大震災を題材とした作品で2013年に発売されました。文庫化もされています。東日本大震災で亡くなったひとりの男性が想像の中で聞こえるラジオのDJとして死者と生者にむけてオンエアをしていきます。野間文芸新人賞を受賞した作品です。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 芥川賞の候補作になったり、おそらくそれ以前から話題だった小説。
    何が題材なのか知っていただけに読むことに少しためらいはあったけれど、紀伊國屋で超プッシュしてたからつられて買ってしまった。

    「深夜2時46分、そのラジオは聴こえてくる」

    この物語は“杉の木”というのがひとつのキーワードなのだけど、巻末の解説によると、樹木というのは死んでいる組織と生きている組織があって、生体と死体が切り分けられない形でひとつの個体が成り立っている、とのこと。
    それはこの世界も同じで、生きている人間は死んだ人への思いを完全に断ち切ることはできないし、死んだ人間もまた、生きている人の記憶によって成り立っている。生と死が渾然一体となってこの世界はできている。

    死んだ人の声が聴こえる、という人も世の中にはいる。
    私は聴こえないからそれが嘘なのか本当なのかはわからないけれど、死んでしまった誰かがもしかしたらこんなことを思っていたのではないか、と想像することはある。
    それは実際のことではなくただの想像に過ぎないけれど、それを思うことで気持ちに整理がついたり、前に進む力になったりする。
    一歩間違うと悲しみの中にうずくまる原因にもなりかねないけれど、そういうことも含めて、その人ために必要なことなのだと思う。

    物語の中でも賛否両論だから、きっと実際の世界でも賛否両論だと思う。
    私自身は、好きか嫌いかで判断することを少しためらう小説だった。
    もう少し時間を置いて再び読んでみたときに答えが出るのかもしれない。

    でもこの題材に正面きってぶつかるってすごいことだと思う。批判があることも最初から予想できたはずだから。
    予想できただけに雰囲気がライトになってしまった部分もあるのかもしれない、と想像した。

    いちばん答えを知ってるのは、あの“2時46分”を絶対に忘れられない人たちなのかもしれない。

  • 震災をテーマにしているというこを知らなかったのだけど、たまたま本屋で手に取って読み始めてみたらそういう話だった。3月11日にどうしても読み終えなければならない、と思い果たした。

    なんというか、「演出感」をできるだけ小さくしようとしている小説だと感じた。震災をテーマにすれば、いくらでもお涙頂戴、あるいはドラマティックな話を作り出すことができるのだけど、この小説はあえてそういう抑揚を忌避し、非常にオフビートな調子で物語を進めている。震災に対する「物語の過剰」への反発ではないかと思えるほどである。

    「想像ラジオ」というタイトルからわかるように「ラジオ」というメディアをテーマに選んだことも、そういうことと関係があるのかもしれない。映画やテレビ、youtubeといった映像メディアはどうしても情報量が多い。それに比してラジオは音声に限定されるだけに、逆にそこに想像力を喚起されるだけの〈余白〉がある。「物語の過剰」を抑制する舞台装置としては、「ラジオ」が適切なのだ。

    ということで、劇的な物語を期待する人には物足りない作品かもしれない。けれど、3月11日のことを少し落ち着いて想像してみたい、という感覚でこの作品に接するならば、きっと心に滲みてくるなにかがあると思う。

  • 150514読了。冒頭、まさにラジオが始まるときに、学生の頃に勉強しながら聴いていたラジオ番組の、寄せたメールが読みあげられて胸が高鳴るあの思いををぶわっと肌に感じました。
    ほどなくして、ぽつぽつと外灯が遠くに見えるようにリスナーが出現し、なんだかそれが私には希望に思えて、これから良いことがはじまるのだというわくわく感でさらさら読み進められました。
    途中から、登場人物の違う話が現れます。
    察するに、情景は東日本大震災なのだと、じわじわと気づかされていきます。
    私の感じたわくわくは悲しみにとって変わりますが、最後はなんだか甘酸っぱい
    、卒業式みたいな気分で旅立つ主人公を見送りました。
    おなじみのジングルは
    想ー像ーラジオー。
    いとうせいこうさんの文を初めて読みましたが、絶妙でした。感動しました。

  • 待望の文庫化!気になっていた作品。

    「あの日」が一つの地点になってから数年。
    刻一刻と時間はそこから離れてゆくけれど、ひとの心はもっともっと複雑怪奇に彷徨う。

    悲しみのメディア。
    DJアークがお送りする「想像ラジオ」では、沈殿してゆく言葉を拾い上げて放ってゆく。
    そんなの死者への冒涜だ、と第二章では綴られる。
    フィクションとノンフィクションを織り交ぜた中で、確かに笑って済ませられない現実が、目の前にある。

    けれど、聴こえないはずの声が聴こえてくるような。
    そんな優しい虚構に身を委ねることは、罪ではない。
    たくさんの、何もかもの声が、私たちの周りには繰り広げられている。
    ある日、その一つをふいに掬い取ってしまうようなことが、ないとは言い切れない。

    良かった。

  • 自分は東日本大震災からずっと心に引っかかりを持って毎日生きてきた。
    福島県の海からすぐの実家はたまたま半壊に留まり、たまたま身近に不幸はなかったけれど、それでも自分含め家族には傷痕が今も残っている。
    震災当時からの3年間は石巻に行ったり、福島の子供たちの長期休暇の受け入れをしたりしました。
    決して忘れられないこと、忘れてはいけないことだと思う自分の気持ちとは裏腹に暴力的に忘却が進む。
    東日本大震災に纏わるあれこれに未だにどう向き合ったらいいのか分からないままで、忘れちゃいけないと感じつつも忘却が進む自分に苛立ちを覚えて、地元には身近な誰かを失った人もいる中で自分が何に心が引っかかりを感じているのか分からないままで 。
    自分の向き合い方が合ってるのか間違ってるのか、そもそも最適解があるのか、震災の前後に亡くなった祖父母を思って実家の仏壇の前にいるとよく考え込んでしまう。

    災害に遭った人と逢わなかった人に差を見出す必要ってないのかな。
    死者と生者の関係ってそういうことなのかな。
    自分はこのままでいいのかな、と少しだけ許せるような一冊でした。

    ---

    日本語ラップの元祖であるせいこうさんの歴史を味わうこともできました。以下は、せいこうさんへの愛に偏った感想です。

    文章の特徴として、読み進める中で脳の片隅へ片隅へと格納されていく数ページ前に置かれた何気ない一小節が、ページを捲るにつれリフレインされて新たに意味を持って、物語に厚みが増されていく。
    これは、日本語ラップの元祖である、せいこうさんならではの表現技法だと思いました。
    それは、HIP HOPを覚えたてのラッパーにありがちな安いライミングのようなものでは決してなくて、話の筋の通った物語性のある表現方法です。
    まさに、「気づかせるんじゃなく、自ら気づく」「後で気がつく、そしてにやつく」表現方法だなと。

    また、本書の節目節目ではDJが現実のラジオさながらに楽曲を紹介していくのですが、どの選曲も物語の情景により厚みを持たせる楽曲ばかりで、Apple Musicで楽曲を聴きながら物語を読み進めていきました。
    読書という活字からの想像行為に音楽によって拡張性を持たせてしまうなんて、読書がより楽しいじゃないかとワクワクしました。
    また、各楽曲には特有の歴史や背景があって、各楽曲の歴史を紐解いてから読み直すことで、物語への理解がさらに深まるような気がしました。
    HIP HOP文化にとってクラシック楽曲の探究は切り離せない行為ですが、今もクラシック探究をし続けているせいこうさんだからこその選曲ばかり。
    クラブDJ上がりの自分としては、せいこうさんオリジナルの選曲付きで、せいこうさんオリジナルの本書を読めることは、人生の贅沢そのものでした。

    以上

  • 想像力がありすぎてしんどいこともある。ても、想像する力があるから救われることもある。

  • うーーーーーん………
    なんというべきか、
    とても想像力を使う小説。
    生と死って対立しているように
    思っていたけど本当は両立しているもので
    死があるから生があって
    生があるから死があるんだなぁ。
    と、なんとも哲学的な感想を持ちました。
    私が想像力をすごく使ったのは、
    まだどちらかといえば死から遠い環境で、
    これから先身近になったときに
    死者が発信する「想像ラジオ」を思い出せたら
    少しだけ勇気をもらえる気がします。

  •  未来に伝えたい物語がある―

     誰かに伝えたいことがあるなら。どんな小さな声も余さず、あなたの心に直接お届けする素敵なラジオ。あの日、『三月の水』に飲み込まれた幾重もの思いと、それに耳を傾ける生き続けなければならない人々の姿。

     「少しずつ前に歩くんじゃないのか。死者と共に」

     悲しみに捕らわれて前に進めない人がいたとして、その人は”弱い人”なのかどうか。だとしたら無理に”強い人”になる必要はないのかもしれません。

     「俺らは生きている人のことを第一に考えなくちゃいけないと思うんです」

     生きている限り、亡くなってしまった人たちの想いを理解できることは無い。分かるなどと考える事自体がおこがましい。本当にそうなら、理解しようと努めることすらも不要な感情なのでしょうか。心と現実の問題は必ずしも相反するものではないということ。
     
     「あなたの想像力が電波であり、つまり僕の声そのものなんです」

     無数の声があるからこそ一言では言い表せない『今だからすべきこと』。非常に難しいテーマであるがゆえに賛否両論あることと思います。それでもなお、作家としてのいとうせいこう氏が捧げたかった、震災後の全ての人々のありかた。多くの方に届くことを願ってます。

     そんなお話。

  • 震災後小説の傑作。

  • 感想がかけない小説は初めてかもしれない。でも頑張って書くと、死者と生者の関わりについて考えさせられる。「千の風」ではないが、死者はどこか遠くにいるのではなく、実は身近にいるのでは。直接会話はできないし、一緒に飲んだりできないけれど、〇〇だったらどう考えるのかなとか、きっと喜ぶだろうなとか。こういう思考をしている時点である意味一緒にいるのだと思うが、なんともうまく表現できない。

全211件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

いとう せいこう
1961年、東京都生まれ。編集者を経て、作家、クリエーターとして、活字・映像・音楽・舞台など、多方面で活躍。『ノーライフキング』でデビュー。『ボタニカル・ライフ ―植物生活―』で第15回講談社エッセイ賞受賞。『想像ラジオ』が三島賞、芥川賞候補となり、第35回野間文芸新人賞を受賞。他の著書に『ノーライフキング』『鼻に挟み撃ち』『我々の恋愛』『どんぶらこ』『「国境なき医師団」を見に行く』『小説禁止令に賛同する』など。

想像ラジオ (河出文庫)のその他の作品

想像ラジオ (河出文庫) Kindle版 想像ラジオ (河出文庫) いとうせいこう
想像ラジオ ハードカバー 想像ラジオ いとうせいこう

いとうせいこうの作品

想像ラジオ (河出文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする