ロッパ随筆 苦笑風呂 (河出文庫)

著者 :
  • 河出書房新社
3.60
  • (0)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 25
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (211ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309413594

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ロッパが昭和20年(戦後)から23年初め頃までに書いたエッセイ集です。ロッパにとって、まことに微妙な時期だと思うのですが、良くも悪くも古川緑波という人物の特徴が出ていると思います。この後のロッパの凋落ぶりを知っている今日の読者にとっては、昭和23年の出版当時とは別の感慨を持って読まざるを得ないでしょうが、それはそれとして映画界の事情など、参考になると思います。

  • 食エッセイで人気再燃の、喜劇王ロッパ。昭和日記も一級資料だが、活キチ(シネフィル)として世に出たあれこれ様々のエッセイも、痛快無比。「支那料理六景」など、飲食記も。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1903年東京生まれ。喜劇役者、エッセイスト。男爵家の六男に生まれ、編集者から喜劇役者に転身、「エノケン・ロッパ」の一時代を築いた。著書に『ロッパの悲食記』『古川ロッパ昭和日記』ほか。1961年逝去。

「2015年 『ロッパ日記代わり 手当り次第』 で使われていた紹介文から引用しています。」

古川緑波の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×