鳥の会議 (河出文庫 や)

著者 :
  • 河出書房新社
4.00
  • (4)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 38
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309415222

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 文章のリズムが不思議で音楽みたい。
    シーンがいきなり変わるので
    頭の中で映画みてるみたい。

    この男の子たちが微笑ましかったり。
    とっても悲しくなったり。
    ゆらゆらしました。

    町田康が解説に書いてるように
    根底で魂が繋がっているって
    納得でした。

  • 表題作は、中学生の男の子4人組が他のグループと小競り合いしては呼び出されてボコられたり仕返ししたり相手がヤクザの兄貴を連れてきたり親もヤク中だったりでなんかもうパッチギか岸和田少年愚連隊か(クローズまではいかない)といった世界観なのだけど、あまりそういう暴力描写に焦点を合わせていなくてむしろ男の子同志の友情(というと安っぽうけれどそういうの)を独特の文体と時間軸で幻想を混じえて表現してあって妙にノスタルジックで沁みました。

    むしろこれは一種のスタンドバイミーなのかもしれない。神永というリーダー格の男の子はまるであの映画のリバー・フェニックスのようだ。4人の中でいちばんみそっかすな主人公の「ぼく」はその弱さ優しさゆえに大切にされてもいるのだろう。

    登場人物が少年ということもあってか、以前読んだ『砂漠ダンス』よりもずっとわかりやすかったし読み易かった。町田康の解説も良い。

    併録の「鳥のらくご」は同じ登場人物だけれどおそらく4人組の一人・長田が老人になってから死の淵をさまよっているときの幻想のようなもの。こっちはさすがにちょっと難解だったかな。

  • これは私的傑作です
    これほど鮮明な少年たちを書けるのかと思うほど
    彼らの声、息、歩き方までリアルに脳裏に浮かぶ

    篠田、神永、長田、三上の4人を主軸に篠田の一人称で語られる物語
    群像劇ではあるのだが、そこが山下さんの妙で篠田の目線で神永の痛みを共有するような予知夢?を見たり
    篠田の目は千里眼のように他の人の「今」を語ったりする

    夢か現かとはこのことです

    神永は家庭環境が劣悪で、篠田家も貧しいとても
    その住居環境の周りには暴力や日常茶飯事でそこに悲しみや優しさがある

    彼らの心の中に精錬さ深い繋がり思いやりが見える
    絶対に裏切らないし見捨てない
    混沌雑多な街だからこそ彼らの絆は深いのかもしれない

    それがないと自分たちが壊れていくかのように寄り添い合う

    そこには哀れみや同情など安い感傷は介在しない
    ただ現実を受け入れ粛々とすごす子供なりの乗り越え方
    そこには友が全ての小さな世界で

    青年期にしか持ち合わせない清冽さに彼らの痛みや慈しみに胸がうずきました
    大人ではない不自由さと自由さ
    そういう曖昧な時期の空気感が見事な描写で書かれてました
    ラストまで人の悲しみに優しく柔らかく包むように寄り添う
    素敵な作品でした

    私が大好きなエドワード・ヤン監督の作品と似た印象だなと思いました

  • 正直よくわからなかった。
    シーンが急に切り替わり、そこに脈略が見えない。
    だから、話の流れが見えない。
    苦手だ、この人の小説。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

1966年、兵庫県生まれ。富良野塾二期生。96年より劇団FICTIONを主宰。2012年『緑のさる』で野間文芸新人賞を、17年『しんせかい』で芥川賞を受賞。その他の著書に『ギッちょん』『砂漠ダンス』『コルバトントリ』『ルンタ』『鳥の会議』『壁抜けの谷』『ほしのこ』がある。

「2020年 『小鳥、来る』 で使われていた紹介文から引用しています。」

山下澄人の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
アゴタ クリスト...
ヘミングウェイ
伊坂幸太郎
ジェイムズ・P・...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×