疑問の黒枠 (河出文庫)

著者 :
  • 河出書房新社
3.50
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 27
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (298ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309415666

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 差出人不明の謎の新聞死亡広告。それを利用して、自らの模擬生前葬と還暦祝いを企画した社長・村井は、その生前葬の最中に本当に死んでしまう。さらに令嬢の失踪、村井社長の死体の消失と次々と事件が発生し……。

    裏表紙のあらすじすら読まずに本書に取りかかって欲しい。とにかくプロットが凄い。大きく分けて、村井社長の関係者、警察、法医学教室、という3つのグループの登場人物が入り乱れて謎に取り組む訳ですが、それぞれの行動がどれも怪しく見えてくる。誰が味方で誰が敵なのか、だれが本当の探偵役なのかさえ怪しくなってき、解決編を読みながら、各自の思惑が交錯し、この展開へと繋がるのか……!と膝を打つことしきり。素晴らしかったです。

  • 『KAWADEノスタルジック 探偵・怪奇・幻想シリーズ』の1冊。戦後初の文庫化というのは意外だった。
    この時代の探偵小説らしいテンポの良さで、一見、複雑な内容ながらサクサクと進んで行く。現代のミステリはこれに比べると随分と長くなったなぁ……というようなことを思う。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

推理小説作家。東京大学医学部卒、医学博士。1890-1929.医学的・心理学的知見を駆使した作風で屹立。代表作に、「痴人の復讐」「恋愛曲線」「闘争」など。

「2017年 『疑問の黒枠』 で使われていた紹介文から引用しています。」

小酒井不木の作品

ツイートする