プーと私 (河出文庫)

著者 :
  • 河出書房新社
3.75
  • (1)
  • (4)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 70
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (250ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309416038

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • プーと「私」が出会った過程、ピーターラビットの産みの親ポッター、アメリカでの児童の読書に対する働きかけが鮮やかに優しく綴られていた。

  • プーの世界との出会い、ベアトリクス・ポターやバートンといった作家はじめ、編集者や児童図書館関係者など児童文学や絵本の世界の恩人たちの姿にせまる文章があっておもしろい。発表媒体からの要請に合わせてアメリカの婦人やさまざまな外国語(英語)体験などについてつづったものもおもしろかった。こどもの読解力や選書、図書館と出版界の関係など、こんにちに通じるトピックで考えさせられる箇所も少なくない。1950年代ごろの文章が多く、かなづかいや言葉の揺れ・定着などで気づくこともいろいろあって、その点でも興味深い。(「エンジォイ」とか「折りだたみの傘」とか)

  • 祝文庫化!

    河出書房新社のPR
    プーさん、ピーター・ラビット、ドリトル先生……子どもの心を豊かにする多くの本を世に出した著者が、その歩みを綴った随筆集。著者を訪ねる旅、海外の児童図書館見聞記も。単行本を再編集、新規二篇収録
    http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309416038/

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

作家、翻訳家。『クマのプーさん』『ちいさいおうち』「うさこちゃん」シリーズなど数々の欧米児童文学の翻訳を手掛けながら、『ノンちゃん雲にのる』等の創作も行い日本の児童文学普及に貢献した。2008年没。

「2018年 『新しいおとな』 で使われていた紹介文から引用しています。」

石井桃子の作品

プーと私 (河出文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×