女の子は本当にピンクが好きなのか (河出文庫)

著者 :
  • 河出書房新社
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 47
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (264ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309417134

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 『不道徳お母さん講座』で気になっていた著者、それに先立ってこんな本を出していたとは、と即入手。読み始めてみれば、こんなことが知りたかった!と膝を打つようなピンクのイメージの変遷など、裏取りされた情報満載(巻末に文献リスト付)でぐいぐい読めた。
    特に第一章の「ピンクと女子の歴史」はピンク=女の子というイメージは意外と最近のものなのだとわかり、勉強になっておもしろかった。
    2−3章の女児玩具事情から先の話は、そういえばわがやの娘たちはあまり人形遊びやプリキュアのような女児向けアニメに深入りしないで育っちゃったなぁ(ついでにぼーずも乗り物好きではあるけれど戦隊モノにも特撮にもハマらず…そしておりがみや小鳥やぬいぐるみが好きなことを隠すこともない)と、知らない世界を見る感じだった。近年の人気作「妖怪ウォッチ」と「アナと雪の女王」の共通点はなるほどと思ったが、それほどまでに世間の男児と女児の世界は分断しているのかと改めて思い知らされた自分(と子ら)はいい意味で鈍感ということか。
    いわゆる「ピンクカラー(ワーク)」や「ピンクカラーゲットー」の問題は、安易にそういう道を目指しがちな女の子の意識の問題よりもむしろ労働条件における男女格差という社会の問題の側面をもっと掘り下げる必要があると思った。女子=ピンクに限らず「女らしさ」「男らしさ」という性別による「らしさ」の呪いや抑圧を並行して論じていく必要も感じた。そのへんは、文庫版で追加された最終章でもふれられていたが、個人的には「性差を否定して女児からプリンセスやピンクを奪うようなかつての中性志向型のアプローチ」が「多くの女性にトラウマを残した」、というあたりにややもやもやした気持ちが残る。中性的、地味、自然に心地よさを感じるというのはやはりマイナーな感性なのかな…

    高2長女、見つけて興味を持ったと思ったらあっという間に読み終えてた。曰く「それでもわたしはピンクが好きだし文学部に行くけどね」。つまり、自分は女の子らしさの型にはめられたつもりはなくナチュラルにピンク色や文学が好きだ、と。まあたしかに、「女の子らしく」とは言わずに育ててきたし、好きと言っても小物やアクセントカラー程度だし、おさなかりしころのお気に入りカラーが黄色とオレンジだったことはちゃんと知っているのだ。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1973年生まれ。早稲田大学第一文学部卒。著書に『萌える日本文学』、『女の子は本当にピンクが好きなのか』。翻訳書に、テクノロジーや空想の世界を親子で共有するための指南書『ギークマム』がある。2女の母。

「2018年 『不道徳お母さん講座』 で使われていた紹介文から引用しています。」

女の子は本当にピンクが好きなのか (河出文庫)のその他の作品

女の子は本当にピンクが好きなのか (ele-king books) 単行本(ソフトカバー) 女の子は本当にピンクが好きなのか (ele-king books) 堀越英美

堀越英美の作品

ツイートする