さざなみのよる (河出文庫)

著者 :
  • 河出書房新社
3.68
  • (67)
  • (132)
  • (124)
  • (23)
  • (3)
本棚登録 : 1536
感想 : 114
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309417837

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • すごかった
    とにかく引き込まれるようにして読みました

    ナスミの話から、過去や未来と行き交って、その時その時に同じ時間を過ごした人たちの思いが重なっていきます

    亡くなった人は、本当にいなくなっちゃったわけじゃなくて、少しずつ生きてる私たちにくっついてるんだなって

    私にもそういう人がいるからわかる
    いなくなっちゃったけど、ちゃんといるんだよね

  • 初めて読む作者さん。帯に泣ける本第1位と書かれていたのを見て読んでみる事にした。
    主人公は話が始まってすぐに病気で亡くなってしまう。その後も彼女と関わった人達の中で彼女の話は続いていく。彼女との思い出彼女の存在を感じつつ生きている人達は彼女亡き後も生活を送る。
    1つこの作品だけではないのだけれど、若い人が病気で亡くなるときは毎回この病気の設定になるのがちょっとな、と思う。

  • マーケットストア「富士ファミリー」を営む
    小国家三姉妹の次女ナスミ
    43歳で癌になり亡くなる
    ナスミの死後の家族、友人をナスミの思い出と共に描く

    淡々と描かれるなかにホロッとさせられる
    ナスミの生きた証が今を生きる人々に
    様々な影響を与え生きる力に変えていく

    ナスミの日出夫は「キ」
    ナスミは「ガ」
    のエピソードが泣きそうになった
    人を1文字に表す独特な表現が
    ナスミの素敵な人柄だと思った

  • 変な意味ではなく、死ぬのもいいもんだと思える本。
    そう思えるように、人との関係を大切にしていこうと思える本。
    さすが脚本家だけあり、抜群のテンポ。

  • 「やどる」
    今この身体に命がやどりその人生を終えた時また次の身体にやどる。生まれ変わりとからそう言う大袈裟なモノでは無くて。
    今は悲しみの真ん中でもそう思えば未来が楽しみになります。

  • 木皿さんはドラマの『すいか』で名前を覚えた方。
    こういう雰囲気の作品凄く好き。

  • よく、死んでも心の中で生き続けている、といった表現が使われるが、これはまさに、死者が生きてるいる者に与えている影響は想像以上であるということを表現する話。当然、一人の人がいなくなるというのは悲しいことだが、そこから新たな考えが得られたり、新たな幸せが生まれたりする。死はマイナスの面だけではないということを感じさせてくれた。

  • 4.3かなぁ。

    主人公?であるナスコが若くして死んでしまう所から始まるストーリー。

    当たり前だけど、読み手である自分とこのナスコさんとの間に思い出(情報)なんて、ないのだから感情移入なんでできなかった。

    でも、このナスコさんの周りの人の死後の世界。
    つまり、ナスコさんが死んだ後の『生きている周りの人』達の話の中から、ナスコさんのイメージが出来ていく。

    この感覚知ってる。
    父の葬式の時。

    比較的、知っているつもりだった父の思い出だが、
    葬式に集まった人達の思い出により、意外な一面やらしいと思う一面が出てきて、なんだか感動させられた。

    この物語の主人公ナスコにも言えるが、人は本当に影響を与えあって生きているのだなぁと感じずにはいられない。人が死ぬ。昨日までは確実に存在していたはずの命が今日は無い。これが、影響を与えないはずがない。そして、物語の冒頭ではサラッとしてしまったナスコの死という現象は、生きているうちを含め、本当に多くの人に影響を与えたのだという事。自分の死んだ後に、これほどの影響はあるのだろうか?今のうちに、絆を増やしたいなと思う。
    今は、まだ生きてるのだから。

  • これも途中で辞めてしまった…
    良い本なのだとは思う。でも、読み続けるのはしんどかった。今の私には合わなかった…

  • 心温まる作品とはまさにこのこと。
    この世から消えてしまっても、ナスミの言葉を思い出しながら前を向く登場人物たちが印象的で、最後までしっかりと感情移入して読めた。

    自分の芯があって、みんなを明るい方向に導くナスミの存在に憧れのような感情を抱いた。

全114件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

夫婦脚本家。ドラマ「すいか」で向田邦子賞、「Q10」「しあわせのカタチ~脚本家・木皿泉 創作の“世界”」で2年連続ギャラクシー賞優秀賞。他に「野ブタ。をプロデュース」等。著書『二度寝で番茶』など。

「2020年 『さざなみのよる』 で使われていた紹介文から引用しています。」

木皿泉の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×