紅雀 (河出文庫 よ 9-7)

著者 :
  • 河出書房新社
3.70
  • (1)
  • (5)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 98
感想 : 6
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (296ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309419930

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 大正から昭和初期に活躍された吉屋信子さん。
    少女小説の草分けでしょうか。
    まさに昭和の乙女の本棚的小説。
    文庫化再販です。
    そして、このカバーの美しい少女。乙女の本棚の谷崎潤一郎「秘密」のマツオヒロミさんですね。
    この絵の少女が、主人公まゆみ。
    凛として、育ちが良くて、賢くて、そのもの。

    勝気な少女まゆみ。
    大連で父を亡くし、病弱な母と弟と三人で東京へ向かっていた。その汽車の中で、母も亡くなってしまう。
    偶然乗り合わせた女性(男爵家家庭教師)に引き取られることとなる。
    小公女を彷彿させる悲運の少女。
    美しく賢く、気位は高すぎる。
    幸運にも男爵家で暮らせることになるが、ただ甘えている生活が自分で許せず、つい強気の態度をとってしまう。そんな自分が許せず、弟を託し家出。紅雀のブローチから、生い立ちがわかり、
    いろんな方向からハッピーエンド。
    解説は、柚月麻子さん。田辺聖子さんの吉屋信子愛を語っている。
    特にこの紅雀は戦時中の少女達のオアシスだったとのこと。
    2023年が没後50年でかなりの作品が再販されたようです。

    • Sayuriさん
      おびのりさん、こんばんは
      いつもいいねありがとうございます♪
      吉屋信子さんといえば、私が昔コバルト文庫でハマった故氷室冴子先生もあとがきで吉...
      おびのりさん、こんばんは
      いつもいいねありがとうございます♪
      吉屋信子さんといえば、私が昔コバルト文庫でハマった故氷室冴子先生もあとがきで吉屋信子愛を語っていらっしゃいました。
      没後50年で文庫化再販、知らなかったなあ。愛されている作家さんなんですね。
      読んだことないので読んでみたいなあ。紹介ありがとうございます(^^)
      2024/01/16
    • おびのりさん
      Sayuriさん、いいね、コメントありがとうございます。
      私は、小説ジュニアからのコバルト文庫でした。
      流石に吉屋さんはリアルタイムで読んで...
      Sayuriさん、いいね、コメントありがとうございます。
      私は、小説ジュニアからのコバルト文庫でした。
      流石に吉屋さんはリアルタイムで読んでないのですが、多くの女性作家さんも大好きですよね。
      私も、もう少し読む予定です。^_^
      どうぞよろしく♩
      2024/01/16
    • Sayuriさん
      おびのりさんのレビューを読んだら、『紅雀』おもしろそうで読みたくなってしまいました!
      私の好きなタイプのお話みたいですし。
      またレビュー楽し...
      おびのりさんのレビューを読んだら、『紅雀』おもしろそうで読みたくなってしまいました!
      私の好きなタイプのお話みたいですし。
      またレビュー楽しみにしてます!!
      2024/01/16
  • 『紅雀―吉屋信子少女小説選〈3〉』|感想・レビュー - 読書メーター
    https://bookmeter.com/books/557370

    吉屋信子|近代日本人の肖像 | 国立国会図書館
    https://www.ndl.go.jp/portrait/datas/6236/

    Home | matsuo hiromi
    https://www.matsuohiromi.com/

    紅雀 :吉屋 信子|河出書房新社
    https://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309419930/

  • 両親を亡くした薄幸の兄妹、手を差し伸べる家庭教師、居候先のお嬢様、意地悪な同級生と名作劇場にありがちな登場人物と設定だけど、元々が雑誌連載の小説なだけ、1章が長過ぎず短過ぎず目が疲れず読めた。べったべったな展開ですがまゆみ兄妹が苦労の果てに幸せ(側から見たら十分恵まれている環境ですが)になるのか気になってついつい電車でも読み耽りました。ラストは資産運用に失敗した名家出身と判明し、おまけにご都合良く叔母が出てきて元の鞘に収まりましたで終了。娯楽に溢れている令和の世でも十分楽しめたから戦時中や戦後まもない女学生にとっては、正に親兄弟より推ししか勝たないと拝むくらい命の源だったのでしょうね。今年は古き良き本が復刊相次いでるのでお財布は辛いですが嬉しい悲鳴です

  • 巻末の解説を読んで、物語の価値に改めて気付かされた。
    受け売りになってしまうが記してみる。

    この時代においてロマンチストかつ自我を持った女性が、そして身分や裕福さにとらわれない価値観を持った親子が、これほど生き生きと描かれることがどれほど少女たちによって魅力的だっただろうか。また、メインでないポジションに「一般的な少女たち」が共感しやすい篤子というキャラクターを描き、終盤には彼女がストーリーの鍵を握ることとなる。

    そして、何より作者吉屋信子の育った環境とも近しい人物がいるとなると、当時の少女たちが少女雑誌に熱狂し、作家という仕事に憧れたというのも頷ける。

    こういった背景を知って読むとより面白いと感じた。

  • 前にも読んだことのある作品だけど、文庫本になったので購入。
    主人公のまゆみの、いわゆる可愛げのない性格は、当時の少女小説のヒロインとしては異質なのだろうけど、自我を強く持ち感傷に流されない性質は、令和の今読んでも清々しい。
    これが連載当時も大人気だったということは、当時の乙女たちも、まゆみのような女の子に憧れがあったのか、共感するところがあったのか。

    最後は、まゆみが子爵の血を引く令嬢だったとわかり、世話をしてくれていた男爵家の若き当主と婚約したらしいハッピーエンドで終わってますが…。
    この小説から10年もすれば戦争に突入していて、敗戦後は華族の身分は消えて、多くが没落したのだよなぁと知る、未来の人間としては少し切ない。
    でもまゆみの気性なら、戦中戦後の困難も、家族を支えて逞しく乗りきってゆきそうな気がします。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

1896年、新潟市生まれ。52年「鬼火」で女流文学賞、67年菊池寛賞を受賞。『花物語』『安宅家の人々』『徳川の夫人たち』『女人平家』『自伝的女流文壇史』など、幅広いジャンルで活躍した。著書多数。73年逝去。

「2023年 『返らぬ日』 で使われていた紹介文から引用しています。」

吉屋信子の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×