シャーロック・ホームズ―ガス燈に浮かぶその生涯 (河出文庫)

  • 河出書房新社
3.53
  • (5)
  • (7)
  • (17)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 103
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (448ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309460369

作品紹介・あらすじ

この本はなんとシャーロック・ホームズの生涯を、ホームズ物語とその周辺の資料から再構成してしまったというホームズファンもびっくりの奇書である。「注釈つきシャーロック・ホームズ全集」で有名なシャーロッキアン、W.S.ベアリング=グールドによって完成されたこの架空の伝記は、ホームズ関係の古典として、ホームズファンの間でつとに有名である。ファン必携の名著ここに復刊!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • シャーロック・ホームズの伝記?!「シャーロック・ホームズ ガス燈に浮かぶその生涯」(https://master-of-life.net/2015/09/12/sherlock-holmes-of-baker-street/)

  • シャーロキアンがいかにホームズを愛して研究しているかが伝わってくる。とてもこのレベルには到達できそうもない(笑)

  • 切り裂きジャックの章はホームズファンなら必読!

  • グールドのホームズ愛に敬服しつつ引きつつ読む。
    小林・東山夫妻のホームズ愛にも同様に。

  • 読み終わってしまった…(笑)。
    あらゆる意味で他を凌駕する物凄い本です。
    シャーロッキアンの方にはぜひご一読をお勧めいたします!

  • 研究書であり、小説であり。
    『ホームズ物語を普通に推理小説として読んでる人』と、コレを読んでいる人とでは、『シャーロックホームズ』という作品の受け止め方が違うと思う。

    シャーロキアンの入口です。

    私はこれを子供の頃に読んだので、オタク思考になりました。と言い切ってしまおう(笑)。

  • この本はなんとシャーロック・ホームズの生涯を、ホームズ物語とその周辺の資料から再構成してしまったというホームズファンもびっくりの奇書である。「注釈つきシャーロック・ホームズ全集」で有名なシャーロッキアン、W.S.ベアリング=グールドによって完成されたこの架空の伝記は、ホームズ関係の古典として、ホームズファンの間でつとに有名である。ファン必携の名著ここに復刊!

     2007年4月2日購入

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

医学博士。作家。シャーロッキアン。ベイカー・ストリート・イレギュラーズ(米国)、ロンドン・シャーロック・ホームズ会その他の会員。主な著作に『出会いについて』『生きがいとは何か』『脳を育てる 脳を守る』など。

「2014年 『シャーロック・ホームズの事件簿』 で使われていた紹介文から引用しています。」

小林司の作品

シャーロック・ホームズ―ガス燈に浮かぶその生涯 (河出文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする