現代殺人の解剖―暗殺者(アサシン)の世界 (河出文庫)

  • 河出書房新社
3.50
  • (2)
  • (4)
  • (10)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 43
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (413ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309460901

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 今世紀後半に顕著に見られるようになった無動機殺人について、社会学的、心理学的に考察し問題の解決法を提案する、彼らしい一冊。面白かった。

  • Order of Assassins: The Psychology of Murder. 1972.

    殺人もの三部作完結編。
    「純粋殺人者の世界」改題の文庫版。

  • FBIの心理本が流行った頃に読んでいました。
    こういう殺人を犯す人間の心理が理解できなくて本当によかったと思います。

  • 1991.11.5 初版 980
    二十世紀になって爆発的に増加した動機なき殺人――暗殺。純粋に殺人を欲し行動する暗殺者たちを「アウトサイダー」的な犯罪者とし、博覧強記のウィルソンが、切り裂きジャック、マンソン一家の女優シャロン・テイト殺し等いくつもの事件、さらに多くの小説、哲学書を引き、現代に典型的な「頭脳的」殺人者の心理に迫る!

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

"コリン・ウィルソン
1931-2013
英国、レスター生まれ。
16歳で経済的事情により学校を離れ、
様々な仕事に就きながら執筆を続ける。
1956年、評論『アウトサイダー』を発表。
これが大きな反響を呼び、作家としての地位を確立。
主な著書に『殺人百科』(61)、『オカルト』(71)など。




"

「2019年 『必須の疑念』 で使われていた紹介文から引用しています。」

コリン・ウィルソンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ドストエフスキー
ダモン ウィルソ...
コリンウィルソン
コリン・ウィルソ...
ジェイムズ・P・...
J.L. ボルヘ...
コリン・ウィルソ...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×