ユダヤ人の家 (河出文庫)

制作 : Marguerite Duras  田中 倫郎 
  • 河出書房新社 (1996年4月発売)
3.47
  • (4)
  • (2)
  • (9)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :27
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (230ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309461519

ユダヤ人の家 (河出文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 『ユダヤ人の家』の登場人物は極めて少ない。
    その家に住むユダヤ人と通りすがりのユダヤ人いずれもアバンという名前を持つふたり。
    労働者のダヴィッドとサバナ。そして姿を見せることもない絶対的権力者のグランゴと終盤に現れるダヴィットの妻。

    寒い夜のこの物語にはさまざまなメタファーが配されているが、ユダヤ人問題に関する思想的根拠の掌握や時代との協調性を身をもって体験していない読み解きは日本人で知識不足の私のようなものには難しい。

  • 日本人にはわからない。『破壊しに、と彼女は言う』しかり、『ユダヤ人の家』しかり、ユダヤ人に対する感覚や知識をまったく持っていないことを痛感させられる。ただ、プルーストを読むにしろ、ユダヤ人の問題を避けて通ることはできないから、どこかで勉強する必要がある。

  • この本ね、原題の『アバン、サバナ、ダビッド』の方がしっくりくると思うの。

全4件中 1 - 4件を表示

ユダヤ人の家 (河出文庫)のその他の作品

ユダヤ人の家 (河出海外小説選 31) 単行本(ソフトカバー) ユダヤ人の家 (河出海外小説選 31) マルグリット・デュラス

マルグリット・デュラスの作品

ユダヤ人の家 (河出文庫)はこんな本です

ツイートする