精霊たちの家 上 (河出文庫)

  • 河出書房新社
4.12
  • (10)
  • (10)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 162
感想 : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (349ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309464473

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 大雑把に把握すると、女性三代記にして男性一代記(夫として父として祖父として)。
    女性はみな個性的。
    彼女らの性格は生まれつきのものに加え、育った時代の雰囲気の現れにもなっている。
    グラデーションとしては、牧歌的→政治的。夢→悪夢。
    三代の女性に対して背骨としてエステーバンがいるが、彼は夫として父として祖父として活躍呻吟する。
    もう少し詳しく把握すると、

    1-4章
     ……マジカルで牧歌的な生活。クラーラとエステーバンの世代。
    5-10章
     ……身分違いの恋愛と社会主義。ブランカ、ペドロ・テルセーロ、ハイメとニコラスの双子、アマンダの時代。
    11ー14章・エピローグ
     ……リアリスティックに展開する軍事クーデターと独裁。政治的惨劇。アルバ、ミゲルの時代。エステーバンは老いる。

    場所としては、
    首都。お屋敷町にある「角の邸宅(おやしき)」。
    南部ラス・トレス・マリーアスの農場。
    を行き来する。

    時代としては、
    資本主義→数年間、社会主義の大統領(ただし共産主義的独裁ではない)→軍部の独裁(独裁は一時のことだろうと資本家ははじめは楽観)
    wikipedieによれば、
    「チリ・クーデター(スペイン語: Golpe de Estado Chileno)とは、1973年9月11日に、チリの首都サンティアゴ・デ・チレで発生したクーデターのこと。世界で初めて自由選挙によって合法的に選出された社会主義政権を、チリ軍が武力で覆した事件として有名である。」→ピノチェト独裁政権。

    連想できるのは、「百年の孤独」「嵐が丘」「赤朽葉家の伝説」。
    エステーバンには「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」のダニエル・デイ・ルイスをイメージしたりした。

    一冊で三色。大満足。

  • うーん、、、誰ひとり登場人物に共感や理解ができない。
    時代背景や展開上、仕方のない部分も多いとは思うけど、それにしてもという印象。
    下巻は断念。

  • 当時の南米の暮らしぶりがわかる

  • どぎつくないけどラテンアメリカ

  • 押し寄せる出来事の多さに圧倒される.詳しくは下巻で.

  • 下巻に感想記入です。

  • 著者:Isabel Allende
    訳者:木村榮一

    【書誌情報】
    河出文庫 ● 352ページ
    ISBN:978-4-309-46447-3 ● Cコード:0197
    発売日:2017.07.06

    予知能力を持つクラーラは、毒殺された姉ローサの死体解剖を目にしてから誰とも口をきかなくなる――精霊たちが飛び交う神話的世界を描きマルケス『百年の孤独』と並び称されるラテンアメリカ文学の傑作。
    http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309464473/

全8件中 1 - 8件を表示

イサベルアジェンデの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
マリオバルガス=...
ガブリエル ガル...
劉 慈欣
ピエール ルメー...
J.L. ボルヘ...
ロベルト ボラー...
フリオリャマサー...
遠藤 周作
カーソンマッカラ...
ハーラン・エリス...
シャーリイ・ジャ...
マーガレット ア...
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×