頭がいい人の習慣術―この行動・思考パターンを知れば、あなたは変わる! (KAWADE夢新書)

著者 :
  • 河出書房新社
3.11
  • (9)
  • (34)
  • (126)
  • (19)
  • (6)
本棚登録 : 535
レビュー : 56
  • Amazon.co.jp ・本 (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309502694

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 勉強の仕方が抽出できる。

  • 【読書】小泉十三/頭がいい人の習慣術


    ・どうすればもっとラクに出来るか、を考える。

    ・オンとオフを分けたい人は仕事が嫌いな人。

    ・目標設定→書き留める→計画を練る。それを出来た3%の人が成功した。

    ・車の運転に手順があるように、勉強も手順がある。

    ・原稿を書くのは辛いが、その先にあるのが楽しい。

    ・ガジガシ仕事をせず、飄々と仕事をする。

    ・スケジュールも、実行しなければ意味がない。

    ・難しい仕事も、一つ一つの作業を書き出していくと、簡単な作業の集合でしか無い。

    ・多くの恐ろしい事は、手をつければ大した事が無い。

    ・昼食後の15分も無駄にしない。

    ・前日に次の日の仕事をおさらいする。

    ・隙間時間はインプットよりアウトプット。読むより書く。

    ・自分の仕事がはかどる時間を見極め、予定を組む。ずっと集中する事は不可能。

    ・午前中はウォーミングアップではない。脳を使う。

    ・厳しい現実を認識した上でプラス思考になる。

    ・読書を楽しむベストの姿勢を見つける。

    ・捨てるかどうか迷うものは、捨てる。

    ・モノを捨てる事によって、新しいエネルギーが生まれる。

    ・情報は整理するだけじゃなく、応用する。

    ・真実の余暇とは何もしない事。

  • 時間の使い方を効率的にして、ポジティブにいこう。というテーマでだと思う。
    時間の使い方を改める機会だと思い自信の習慣を見直すきっかけになると思います。

  • 画期的なことが記載されているわけでないが、今まで読んできたこの手の本の中では最もわかりやすくポイントを押さえている。
    ビジネス習慣本を探している人にはコレがお奨めです。
    時間がない人は章末にまとめがあるのでそれを読めば十分。そこで理解できない部分だけ細かく読めばいい。そうすれば15分で1冊読める。

  • 要領良く生活するためのアイデアが沢山

  • 公私共に「できる人」になるための指南書です。類書でよくある考え方も記載されてはありますが、節々にキラリと光る著者独自の考え方が見えて面白いです。以下、自分が気に入ったフレーズ。<br>
    ・プラス思考は重要だけど、「自分が頭がいい」と思うと、成長が止まる。
    ・本は汚したほうが良い。本は自分の辞書。
    ・一冊の世界観にはまらないための、併読の薦め。
    ・好き嫌いの感情を生かす。批判は相手の主観と感情の産物だから、自分も主観的、感情的に受け入れてみる。
    ・書店に通うと時代がわかる。

  • バカを治したい一心で買いました。ちょっとずつマネしていこうと思ってます。

  • 一般的なことばかりだがおもしろい。新入社員にお奨め。

小泉十三の作品

ツイートする