「枯れて死ぬ仕組み」を知れば心穏やかに生きられる---やみくもに死を恐れず“いい人生”を送る方法 (KAWADE夢新書)

著者 :
  • 河出書房新社
3.00
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 11
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (196ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309503653

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  •  「死ぬこと」は怖い。まず「痛い」ことは嫌だ。「痛いのは一瞬」と言う人もいるが、それが何かの拍子に継続し、その苦痛を耐えたところで待っているのは「死」だという状況。ぜひとも経験したい、という人は稀であろう。そして待っているのは「無」ということ。何があるのか。いや何もないのだろう。何もない、というのはどういう状況か。今こうして考えることもない状況。それがいつまで続くのか。いや終わるわけないじゃないか。というかそれも考えることができない状況。こんなの「怖い」以外のなにものでもない。

     マルティン・ハイデガーを持ち出すまでもなく「死」について考えた人は多い。というよりも考えていない人がいるとは思えない。それを忘れるように日常に没頭する。よく言われているようにそれがもっとも「健全な」状態なのかもしれない。しかし、ふとした思考の隙間に紛れ込んでくる「死」。これが騒ぎだすと今まで順調に進んでいたことが突然狂いだすことがある。しかし「死」を考えることによって得られるものもある。これまたありきたりな言い方ではあるが「今を大切に生きる」とでもいうような前向きな思考。いずれにしても生きている限り必ず訪れる「死」について一切無関係ではいられない。

     本書の著者は僧侶でかつ医師。それも四十歳を過ぎて医師を志したという経歴を見れば、真剣に「死」というものを考えた人物であることが分かる。時に僧侶として宗教的に、時に医師として科学的に語る論調は「死」に対する恐怖を徐々に緩和していく。取り上げている文献も豊富で「死」についての定番も欠かしていないのでとても参考になる。類書はいくらでもあるが「死」的思考の導入書としての価値は高い。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1954年、愛媛県に生まれる。1979年、京都大学文学部哲学科卒業。京都嵯峨天龍僧堂にて修行。天龍寺派前管長平田精耕老師に嗣法。室号は岫雲軒。臨済宗師家として国内外で禅の指導につとめる。2006年、帝京大学医学部卒業。2010年より英国にて臨床研究。2014年、帰国し僧医として活動中。著書に、『禅僧が医師をめざす理由』『僧医として生きる』(春秋社)『祈る力――人が生み出す〈癒し〉のエネルギー』(角川新書)、共著に『闘う仏教――現代宗教論』(春秋社)ほか。

「2016年 『霊性の医療をひらく』 で使われていた紹介文から引用しています。」

対本宗訓の作品

「枯れて死ぬ仕組み」を知れば心穏やかに生きられる---やみくもに死を恐れず“いい人生”を送る方法 (KAWADE夢新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする