みえない未来相談室。―すきなコトを仕事にする方法 (14歳の世渡り術)

  • 河出書房新社
3.30
  • (5)
  • (12)
  • (28)
  • (3)
  • (2)
本棚登録 : 114
レビュー : 22
  • Amazon.co.jp ・本 (188ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309616483

作品紹介・あらすじ

ぐるぐる悩んだ先にはわくわくするコトが待っている。10代は、苦しいくらいで、ちょうどいい。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • そう、大人になったらできるようになるんだな~っておもってできてないこといっぱいある。

  • わりと本音が整理されていて、心地よい。

  • 中学生や高校生の頃こんな本に出会えてたら良かったのにな。

  • 未来の見えない大人の状態で読んだけど
    「子供向けだから使えない」部分とかは無い。
    今も自分が思春期的なぐるぐると大人的な考えを
    行ったり来たりしてるからかなー

    割と余白のある構成で散文的な印象もあるけど
    その隙間に色々考えさせてくれるので薄くない。

    「貧乏って、コワイですか?」のページでは、
    私は貧乏を想定する時は
    それが原因でしぬとこまで考えるのでそりゃ怖いんだけど、
    ここでの貧乏は生きられる前提の貧乏なのかなーと思った。
    ご本人たちはそういう不安は無かったんだろか。

    しかし金もーけプロジェクトの頃と比べると
    いいもの食べてらして感慨深い…

  • 結局何が書いてあったっけ、とよく覚えていなかったりするんだけど、お二人の本のちまちましている感じ、1つのページにぎっしり詰まっている感じが好きです。表紙とか帯とか見返しのとことか細かくこだわっているところも好き。本作りをとても楽しんでいるのが伝わってきます。それで需要があって、仕事になっているんだからすごいです。

  • k.m.p.は旅本しか知らなかったけどこういう本もあるんですね、けっこう好きでした。

    こんな自由な生き方ちょっと
    憧れる。
    結局お二人の肩書は何になるんでしょう?笑

    「なりたい職業が今の世の中に存在しなかったら、自分で創ればいい。(チャンスとも言える)」

  • 甘い言葉はあえてくれない、親切な本だった。

    でも14歳よりは、大学生になるくらいで響きそうな本だと思いました。

  • 「好きなことを仕事にすると、キライになるんだよ」

    と、よく言われる。
    私は好きなことを仕事にした事が、まだない。
    だから、反論できるはずも無いのだけど。

    こうは言えるかな。

    「キライなことを仕事にするのは、辛いよ」

    だからこそ、好きを仕事にしたい。
    仕事にしてキライになるのは怖いけれども。

    そう思ってる矢先に読んだ。

     好きなことをするから楽しいのでなくて
     仕事だから楽しいのだ。

    趣味とはちがう苦労があるけれど、その先のかけがえの無い
    喜びは仕事にしたからこそ。


    好きなことを仕事にしたいと改めて誓った。

  • 仕事→相手に利益を与えること。
    やなコトも、二十歳過ぎればネタになる。

  • 学生時代に"やりたいコト"を見つけていたら
    まともな人生を送れたかもしれない・・・と、後悔することがあります

    後悔しても仕方のないことなんだけど・・・
    できれば、中学生の時に読みたかった本です

    ~抜粋~
    自分をすきにならなきゃいけない、って、こともない。
    キライなままでもいんじゃない?
    キライなままでも自信は持てる。

全22件中 1 - 10件を表示

なかがわみどりの作品

ツイートする