特別授業3.11 君たちはどう生きるか (14歳の世渡り術)

  • 河出書房新社
3.73
  • (8)
  • (14)
  • (12)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 184
レビュー : 23
  • Amazon.co.jp ・本 (245ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309616728

作品紹介・あらすじ

3.11で何が問われ、何を学ぶべきか。今とこれからの生き方を考えるために-。豪華教授陣による全9教科、紙上特別授業。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「知ることは、生き延びること、14歳の世渡り術」シリーズの一冊。私の勤務する自治体の中学生向けの推薦図書。
    今、「安全教育」の為の図書リストを作成中で、そに中の1冊。

    章は教科毎になっており、著名人が各章を執筆している。国語はあさのあつこ、歴史は池澤夏樹、倫理は鷲田清一、保健は斎藤環など。

    東日本大震災に端を発して、または東日本日本大震災に関わった経験を基に書かれているが、人間としての考え方生き方が書かれ一般化普遍化されたものになっている。

    私は、鷲田清一の現代人が「存在の値踏み」をされる世に中、「自分がここにいる理由、自分がここにいて良い理由を問わなければならない社会がなんとも寂しい」の言葉を実感するとともに共感した。
    それから、最相葉月の本が好きで読んでいるので、著書を例に出しての理科の話も面白かった。
    最終章の課外授業の田中優のボランティアの心得が、先の鷲田の話とより一層考えさせられて良かった。

  • 各教科ごとにその分野に詳しい方々が、3.11という大震災をその分野ごとに解説する。何が問われ、何を学び、これからどう生きていくのか、考えるヒントを与えてくれる。14歳の世渡り術シリーズの一冊なので、中高生向けで読みやすく、優しいけど深い内容。大人も読んで理解を深めると良いと思う。読んで初めて知った現実もあるし、どの教科にも必ず響く言葉があると思う。西日本大震災の予見、支えあいながら自立して生きる大切さ、ボランティアから見えてくること、3.11を通して見えてくる社会のしくみについて、特に興味深かった。

  • 少しずつ薄れてきているからこそ読む、3.11の本。
    今読んでも、全然まだ通用する。

    もう一度、胸に刻み、そしてまた日常に戻る。


    図書館で借りた本。

  • {作品紹介]
    3.11で何が問われ、何を学ぶべきか。
    今とこれからの生き方を考えるために。


    3.11で起きた事実や考えを9教科に分けて書かれており、分かりやすい。10年かそれ以上経った時にまた同じ著者の方々や視点から書いて欲しい。

  • 「子どもを本好きにする10の秘訣」>「命・生き方」で紹介された本。

  • 3.11で何が問われ、何を学ぶべきか。今とこれからの生き方を考えるために-。あさのあつこ(国語)、池澤夏樹(歴史)、鷲田清一(倫理)、橋爪大三郎(政治)らによる全9教科の紙上特別授業。

    書き手による差が大きい。

  • カテゴリ:図書館企画展示
    2014年度第6回図書館企画展示
    「命 -共に生きる-」
     
    開催期間:2015年3月9日(月) ~2015年4月7日(火)【終了しました】
    開催場所:図書館第1ゲート入口すぐ、雑誌閲覧室前の展示スペース

  • 3.11後の10代から20代の若者に向けて、各界の知識人が各分野毎にメッセージを寄せた本。似て非なる言葉の持つ意味の違い、震災後宮城県沿岸で子どもたちの間で流行った「津波ごっこ」といった例を通して語りかける。

  • 369

  • 東日本大震災の一年後に発刊された本。震災について、いろんな作家が「いま、大切にしてほしいこと」を教えてくれる本。時期が時期だけあって、ひとりひとりの書く文章に切実な心持ちが感じられた。
    国家や、経済成長とはまた別のところにある、忘れてはいけないこと、それを教えてくれるように思った。やさしい本でした。

全23件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

あさの あつこ
1954年生まれの小説家、児童文学作家。岡山県英田郡美作町(現:美作市)湯郷出身。幼少の頃から本に親しみ、中学の頃から創作日記をつけはじめ、中学2、3年生の頃から作家を志す。青山学院大学文学部入学後、児童文学サークルに入り活動。卒業後小学校の臨時教諭を2年間務め、結婚。日本同人協会「季節風」同人となり、そこに連載した『ほたる館物語』で作家デビュー。
代表作に、1996年から執筆を続ける『バッテリー』。97年野間児童文芸賞受賞、99年『バッテリー2』で日本児童文学者協会賞、2005年『バッテリー』全6巻で小学館児童出版文化賞をそれぞれ受賞。シリーズ1000万部超の大ベストセラーとなり、映画化・アニメ化された。

あさのあつこの作品

特別授業3.11 君たちはどう生きるか (14歳の世渡り術)を本棚に登録しているひと

ツイートする