• Amazon.co.jp ・本 (195ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309616735

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 14歳で世渡り考えるのもどうかと思うし、これらの本を読んだら逆に世渡り出来なくなるんじゃないかと思うけど、この中から14歳に薦めるとしたら「カイジ」かな。他の推薦書を全部読んだわけじゃないので何とも言えないが。
    所謂古典を薦める人が多いのは何となくわかるんだけど、それも推薦者の虚栄心というかカッコツケみたいな感じがしてあまりいい気持ちはしない。いくらなんでも超一流中学の学生でもない限り、ちょっと無理があるというか適当ではないでしょう。14歳に見栄張る大人もなんか痛々しい。推薦者の個性が出ていてそれはそれで面白いけど。

  • 吉田篤弘さんつながりで読みました。

  • 各界多彩な方々のすすめる読書ガイドで、広い価値観が感じられて気持ちよく読めた。
    気になった本は次のとおり。
    工藤直子氏推薦「博物誌」ジュール・ルナール(新潮文庫)
    山崎ナオコーラ氏推薦「肉体の悪魔」レイモン・ラディゲ(新潮文庫)
    長沼毅氏推薦「若きウェルテルの悩み」ゲーテ(新潮文庫)
    雨宮処凛氏推薦「COTTON 100%」AKIRA(現代書林)
    岡ノ谷一夫氏推薦「火の鳥4鳳凰編」手塚治虫(朝日新聞出版)
    服部文祥氏推薦「本当の戦争の話をしよう」ティム・オブライエン(文春文庫)

  • 著者の皆さんが「14歳の世渡り術」について、
    否定的に述べておられそういったテーマを気づいていなかった
    為かもう14歳でない私にはやや説教じみて感じられました。

    が、上野千鶴子氏の文章に最後やられました。

  • 三葛館一般 019.5||AM

    作家をはじめ、学者や女優など各分野で活躍する錚々たるメンバーがお薦めの本を紹介しています。
    人によってこんなにも選ぶ本に違いがあるのかと思うほどバラエティーに富んでいます。推理小説やマンガ、聖書などジャンルもさまざま。
    読書の幅を広げる良いきっかけとなるはずです。

    和医大OPAC →http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=64229

  • いろんな業界の著名人30人による、「14歳」(中学生)をメインにした、比較的マイナーな本をオススメしている読書案内本。

    推薦者は知名度の高い人が多いが、「今の中学生では、興味を示さないのでは?」という本ばかりがオススメされているように思える。
    そのため、中高生よりも大人向きの1冊かな。
    なので、この本そのものの評価・意見は、大きく分かれるのではないかと。
    中学生相手に仕事している私としては、★3つの評価で。

    個人的には、金原端人推しの『神様のみなしご』(川島誠)と、辛酸なめ子推しの『珍日本紀行』(都築響一)が気になった。

  • 自分ひとりではどうしても読む本が偏ってしまうので、この状況を打開すべく読んでみました。新たな出会いがあるといいなあ。

  • じっくりと読めなかった(T_T)

  • 「14歳の世渡り術」シリーズ。推薦図書でなくても絶対にいま読んでおいてほしいと思う本を30人が紹介。対象は「中学生以上、大人まで」。自身の経験や思い出などと絡めて幅広くいろんな方向の本が紹介されていて、この本を読むだけでわくわく。

  • 雨宮処凜、新井紀子、石原千秋、上野千鶴子、大澤真幸、岡ノ谷一夫、恩田陸、角田光代、金原瑞人、貴志祐介、木田元、工藤直子、小池龍之介、佐藤優、島田裕巳、辛酸なめ子、橘木俊昭、出久根達郎、中江有里、長沼毅、野中柊、服部文祥、本田由紀、ホンマタカシ、森絵都、森達也、村上陽一郎、柳澤桂子、山崎ナオコーラ、吉田篤弘

全67件中 41 - 50件を表示

著者プロフィール

作家・活動家。1975年北海道生まれ。愛国パンクバンドなどを経て、自伝的エッセイ『生き地獄天国』で作家デビュー。2007年『生きさせろ! 難民化する若者たち』でJCJ賞受賞。格差・貧困問題に取り組み、生きづらさや自己責任論に対抗する発言・執筆活動を続ける。反貧困ネットワーク世話人、週刊金曜日編集委員。共著に『1995年 未了の問題圏』(大月書店、2008年)。

「2019年 『この国の不寛容の果てに』 で使われていた紹介文から引用しています。」

雨宮処凛の作品

ツイートする