• Amazon.co.jp ・本 (195ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309616735

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • タイトルを知っただけで「絶対読む」と思った本。30名の著名人が、14歳に「今のうちに読んでおくべき」と薦めたい本を紹介するミニ書評集。
    数名の筆者が、「14歳の世渡り術シリーズ」という本シリーズに反発を覚えたようで「14歳は世渡りなんて考えるな」というようなことを書いていたのが印象的だった。
    書評というのは、対象となる本以上に、紹介者の人となりが分かって面白いと感じた。とりあえず「フラニーとゾーイー」は読みたいと思う。

  • 吉川英治 宮本武蔵
    肉体の悪魔 レイモン・ラディゲ
    冒険者カストロ 佐々木譲
    利己的な遺伝子

  • なんでこんなに評価がいいのか正直わからない

  • 30名程の著名な方々が1人数ページずつ、当時読んで影響された本等、14歳から読むべきお勧めの本を書評とともに紹介していく。中学生に向けて書かれているが、結構難しく書かれていたりすることもあるかもしれない。それぞれの方々が主張することを受け止めながら考え、紹介されたもので興味が持てるなら読んでみると良いと思う。

  • 「本屋には中学生向けの棚が(分かりやすく)無い」と言われる。 
    「確かに…。こりゃいかん」という事で調べ始めた矢先に出会った。即買った。
    なるほど…色んな角度からの”薦め”があるもんだ。
    自分でも読みたくなったのがあった。
    勉強になりました。 

  • またもや、読みたい本が増えて困るw ラスト、「聖書」が薦められてて驚くw いろんな小説にも引用されているし、まぁ、本読みなら、信仰云々に関係なく、一度は読んでみることを私もお薦めしますけどねー♪

  • 対象年齢10代の本(多分)ですが、大人の私が読んでも、参考になる本。こんな面白い本あったのに、読まずに過ぎてしまったなんて勿体無い!いや、今からでも遅くは…

  • 書いている方々がどんな本をどんな風に紹介してくれるんだろう?
    というのが気になって読みました。当然とはいえ、こんな短い文章でも書く人によって歴然とした違いがあるものですね。(文章の良しあしとかじゃなく書評の空気感みたいなもの。)それでも、その本を押してくれる熱意はおのおのから伝わってきましたし、読んでみたい本もできました。

  • とにかく執筆陣が豪華。
    森達也さん、雨宮処凛さん、大澤真幸さん、本田由紀さんらへんが好きなんですよね。
    内容はといえば、それぞれのひとが好き勝手に好きな本を紹介しているだけの本といえばそうだけど、それでもひとりひとりの文章を読んでいるだけでもおもしろいと思います。ときどき深ーい言葉もある。
    ほんまに、ここに紹介されている本を読みたいと思いました。

全67件中 51 - 60件を表示

著者プロフィール

作家・活動家。1975年北海道生まれ。愛国パンクバンドなどを経て、自伝的エッセイ『生き地獄天国』で作家デビュー。2007年『生きさせろ! 難民化する若者たち』でJCJ賞受賞。格差・貧困問題に取り組み、生きづらさや自己責任論に対抗する発言・執筆活動を続ける。反貧困ネットワーク世話人、週刊金曜日編集委員。共著に『1995年 未了の問題圏』(大月書店、2008年)。

「2019年 『この国の不寛容の果てに』 で使われていた紹介文から引用しています。」

雨宮処凛の作品

ツイートする