作品紹介・あらすじ

とにかくこれ、聴いてみて。作家、漫画家、学者、音楽家、アイドル、芸人…26名が選んだ、自分だけの1タイトル!中学生以上、大人まで。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 【14歳の世渡り術シリーズ】の一冊。
    「自分だけの音楽」を、著名人26名が語ってくれています。
    どの年齢でどの音楽に出会い、どう感じたかなんて個別の体験以外の何者でもないのに、それを薦められるってどうよ、と侮っていると失敗します。
    その個別の体験が結構な訴求力を持っていて、読むと面白いのですよ。
    あまり知らない著者さんでも、その文章に共感して、その方の作品を読んでみようという気にさえなります。
    残念ながらお薦めされた曲を検索してもヒットしないものもあり、よって☆4つです。
    以上、ですます体終わり。

    男子はBOOWY、女子はREBECCAという頃があって、私もずいぶんLIVEに行きまくった。
    (若い人にそれを話すとそもそもREBECCAを誰一人知らない。
     でもそれで良いのだと思う。
     彼ら・彼女たちの音楽をこちらも知らないのだし、私の心の中では今も
     REBECCAは不変なのだから)
    そんなわけで、山田ズーニーさんの「骨になれ、音に身投げしろ!」にはとても共感した。
    町田康さんには笑わせられた。あの方、パンクロッカーさんだったのね。
    高嶋ちさ子さん、辛酸なめ子さん、浦沢直樹さん、音楽とは程遠い印象の角田光代さんもとても良かった。
    彼女の文章を読んで、私もブルーハーツが大好きだったことを思い出した。
    ああ、もう一度聞いてみようと、真剣にそう思った。
    あの頃の自分が少しは持っていた自分自身とこの世への懐疑心や不安感を、おさらいしてみようとそう思った。
    ファンの多い雨宮処凛さんの推す【PUZZLE】という曲は中原中也の詩に似ていることを発見し、近藤良平さんの推す【チャン・チャン】では「あー!同じ同じ!」と大喜びしてしまい、【毎晩、毎晩、あの曲を求めて、ひたすら待っていた。】という今日マチ子さんの一行には、キュンとやられてしまった。
    音楽の好みは人それぞれだし、紹介された音楽が必ずしも読み手の心に響くわけではない。
    それでも、好きな音楽に向かい合うときの気持ちには誰しも深く頷けるのではないだろうか。

    さて私は、「何歳になっても忘れずに歌ってる歌は何?」と子供に質問されて、しばし考えたのち「いとしのエリー」と答えた。
    「知らないから歌ってみて」と言われて歌うと「すごくカッコイイ歌だね!」と感激した様子で、その後「大昔の歌とは思えない」だって・・

    • nejidonさん
      vilureefさん、こんにちは♪
      コメントありがとうございます!
      うはは、ワタクシとは思えませんでしたか。
      夕べさっくり読んで、今朝出かけ...
      vilureefさん、こんにちは♪
      コメントありがとうございます!
      うはは、ワタクシとは思えませんでしたか。
      夕べさっくり読んで、今朝出かける前に載せたレビューです。
      読み返してみて自分でも「何コレ」でしたが、笑えるのでこのままにします(笑)

      わぁお、vilureefさんもREBECCAをご存知なのですね?!
      とってもとっても嬉しいです。カラオケでも良く歌いますよ!

      角田さんのことは、ただイメージだけでこう書きましたので、
      どうぞ気分を害さないでくださいね。
      いやぁ、音楽好きな方とはまことに意外です。
      ジミーペイジをタイトルに?!
      満へぇ~ですね(古い!)ちょっと認識を改めました。

      ハイロウズよりも、ブルーハーツがいいですね。
      今聞いても色あせないものがありましたよ。
      今日すでに車の中で聞いてきました。

      【いつの間に世間と折り合いをつけるようになってしまったんでしょう】
      それは、折り合いを付けられるところを見つけた賢さの証拠でしょう。
      自分らしさなんてものの幻想のために、周りに迷惑をかけるよりは
      よほどマシです。
      なんて・・・このコメントもまだまだ青いですねぇ(笑)。


      2013/07/19
    • vilureefさん
      もちろん知っています!!
      76th Starとかボトムラインとか、聞くだけで10代の頃にタイムスリップですよ(≧∇≦)
      nejidonさんは...
      もちろん知っています!!
      76th Starとかボトムラインとか、聞くだけで10代の頃にタイムスリップですよ(≧∇≦)
      nejidonさんはカラオケで歌っちゃうんですか!!
      すごいです、レベッカの曲息切れしそう・・・
      楽しそうですね♪

      角田さん苦手なnejidonさんですが「予定日はジミーペイジ」、とってもオススメです。
      ぶっ飛んでいるけど切なくて。
      ロック全開ですよ(^_-)



      2013/07/19
    • nejidonさん
      vilureefさん、こんにちは♪
      わぁお、具合的に出てきましたね~!いいないいな。
      はい、カラオケでは定番のREBECCAですよ。
      たぶん...
      vilureefさん、こんにちは♪
      わぁお、具合的に出てきましたね~!いいないいな。
      はい、カラオケでは定番のREBECCAですよ。
      たぶん、ほとんど歌えると思います。
      お恥ずかしいことに、私は立たないと歌えないのです。
      しかも、トリの曲は毎回「天城越え」なのです。
      なんだかすごい選曲ですよねぇ(笑)

      角田さんのこと、よく知りもしないで本当にごめんなさいね。
       【ぶっ飛んでいるけど切なくて。
        ロック全開ですよ(^_-)】
      おお、そうなんですか?!
      ぶっ飛んでて切ないのはまさにロックですね。
      ではでは、読みたい本リストに入れさせていただきます!


      2013/07/20
  • 音楽のことを書くのは難しい。音楽が伝えるものを書けるなら、それは音楽である必要はないからだ。音楽でなければならない理由があるはずで、それを知りたければ聴くしかない。

    という前提の上で音楽を読んだり書いたりするとすれば、音楽が人というフィルタを通って言葉になるその過程を楽しむしかない。フィルタを通ってきた言葉はフィルタたるその人の形や香りを残しているので、それを読むのは面白い。

    というわけで、ぼくはこの本を読んで、この音楽を聴いてみたいとはほとんど思わなかった。その代わりに、この人の書いたものとか、作ったものに触れてみたいと思った。又吉直樹とか、池谷裕二とか、桜井進とか。

  •  「14歳の世渡り術」シリーズの1冊で、各界の著名人26人が“自分の人生を変えた音楽(名曲または名盤)”について綴ったオムニバス・エッセイ集だ。

     「教科書には載らないけど、絶対にこれは聴いておけという音楽」が選定基準なのだそうで、企画がいいと思う。
     26人の執筆者の中には作曲家や演奏家もいるが、教科書的な無味乾燥には陥っておらず、思いっきり「自分語り」な内容になっている。

     内容は、玉石混交。箸にも棒にもかからない駄文もあれば、筆者の思いがほとばしる名文もある。

     このシリーズの主要対象読者は中・高生なのだろうが、どの筆者もことさら言葉を平易にしたりはしていない。そこが好ましいし、だからこそ大人が読んでも面白い本になっている。
     だいたい、10代中盤というのは全身全霊を傾けて大人ぶりたい年頃なのだから、ヘンに子供扱いする書き方をされたら反発するに違いないのだ。

     26編のうち、私がとくに気に入った文章を挙げておく。

     山田ズーニー「骨になれ、音に身投げしろ!」
     ――若いうちはどんどんライヴに行け。ライヴでアーティストに対して自分をさらけ出せ、とアジる熱い文章。

     町田康「音と意味の合一」
     ――パンクロッカーでもあった町田が、河内音頭系歌謡曲にみなぎるパンク性を称揚している。「河内十人斬り」事件を題材にした町田の代表作『告白』が、幼少期から聴いて血肉化した河内音頭から生まれたことがわかる。

     高嶋ちさ子「自分の道を歩く」
     ――人気ヴァイオリニストの高嶋は文章もうまい。子どものころ女だてらにガキ大将であった彼女が、ヴァイオリンを習い始めたころにガキ大将仲間に言われたという言葉(「お前、ジャイアンのくせにしずかちゃんみたいなことやってんじゃねーよ」)がサイコー。

     浦沢直樹「膝を抱えて25分間聴く音楽」
     ――当代きっての人気マンガ家が挙げる「人生の1枚」は、マイク・オールドフィールドの『チューブラー・ベルズ』。セレクトの意外性もさることながら、次の一節にシビレた。

    《「この音楽、俺のストライクですよ」みたいな言葉をよく聞く。でもそのストライクゾーンって、真ん中にミットを構えてそこに入ってきた球を取っているだけではないのか。音楽にかぎらず、小説、映画、漫画すべてに言えることだが、悪球を全力で取りにいくことである日その悪球すら自分のストライクにした時、初めてその面白さに気づくというもの。》

     池谷裕二「あまりに美しいドビュッシーの透明な和音」
     ――脳科学者の池谷さんは、音楽(クラシック)にもたいへん造詣が深い。音楽についての文章だけを集めたエッセイ集を出したらよいと思う。

     ちなみに、私自身が「人生を変えた1枚」を挙げるとしたら、ストラングラーズの『ブラック・アンド・ホワイト』かなあ。

  • 大げさなタイトルに惹かれて読んでみて、紹介されていた曲を何曲か聴いてみたけれど、自分の心には特に響かなかった。
    芸術というものは本来そういうものなのだろう。
    性格や育ってきた環境がそもそも違うのだから当然のこと。
    ただ一度心に突き刺さると、人生を変えてしまうほどのインパクトと得体のしれないパワーが芸術にはありそうだ。
    そういうものに出会うために、色々なものに触れていきたいと思った。

  • 又吉の少年爆弾が気になったけど、YouTubeでは出てこなかった。

  • 人生において大事な音楽がある。自分の場合は何の曲だろう。その曲を聞くと思い出す時代がある。初めて買ったレコード「ルパン三世のテーマ」とか、中学校のときに大きな影響を受けた春祭とか、3年間の自由曲(A.リード)とか、小学生のころに好きだった「春なのに」とか。

  • いろんな人が、中学生ぐらい向けに自分がそのころ好きだった音楽を語る、みたいなのでなんかほほえましい。みうらじゅん先生が『原子心母』を「無理して」聞く喜びについて語ってるのが一番よかった。

  • 平成26年8月発行のYAだよりで紹介された本です。

  • 人に楽曲とか本を薦めるなんて、何ておこがましいことだろう。書ける人には、語れる人にはできることなのだろう。

  • ◆きっかけ
    ブクログ。nicchoさんの本棚より。2016/8/23

全30件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

角田光代(かくた みつよ)
1967年、神奈川県生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。
1990年、「幸福な遊戯」で海燕新人文学賞を受賞し、小説家としてデビュー。受賞歴として、1996年『まどろむ夜のUFO』で野間文芸新人賞を皮切りに、2005年『対岸の彼女』で第132回直木三十五賞、2007年『八日目の蝉』で中央公論文芸賞、2011年『ツリーハウス』で第22回伊藤整文学賞、2012年『紙の月』で第25回柴田錬三郎賞、同年『かなたの子』で第40回泉鏡花文学賞、2014年『私のなかの彼女』で第2回河合隼雄物語賞をそれぞれ受賞している。
現在、小説現代長編新人賞、すばる文学賞、山本周五郎賞、川端康成文学賞、松本清張賞の選考委員を務める。
代表作に『キッドナップ・ツアー』、『対岸の彼女』、『八日目の蝉』、『紙の月』がある。メディア化作も数多い。西原理恵子の自宅で生まれた猫、「トト」との日記ブログ、「トトほほ日記」が人気。

角田光代の作品

学校では教えてくれない 人生を変える音楽 (14歳の世渡り術)を本棚に登録しているひと

ツイートする