わたしの外国語漂流記: 未知なる言葉と格闘した25人の物語 (14歳の世渡り術)

  • 河出書房新社
3.63
  • (5)
  • (5)
  • (7)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 180
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309617213

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 人生を変えた!わたしの外国語大陸周遊記(仮)(14歳の世渡り術)
    著作者:松村圭一郎
    河出書房新社
    松村圭一郎は、エチオピアの農村や中東の都市でフィールドワークを続け、富の所有と分配、開発援助の研究を行っている。
    タイムライン
    https://booklog.jp/timeline/users/collabo39698

  • いろんなバックグラウンドの人が外国語との接点について書いているエッセイ。
    研究者や翻訳家だけでなくて、スポーツや料理などのいろんな分野の人が書いているのも面白い。
    世界旅行をした気分になりたい人にも。

  • YA向けの書架で見つけ、テーマが面白そうだったので借りた。

    これは大人が読んでも面白い。
    奄美語の章は、私にも似たような経験があったので、非常に共感を抱いた。
    そのほか、たくさんの言語。かつては共通語に統一せんがために、様々な方法で馴化政策が敷かれたところが多い。しかし、今となっては絶滅が危惧されているのだ。グローバル化だけの一方通行では世界は成り立たない。それはコロナとともに生きる今まさに実感していることでもある。一つの集落やムラの単位、言語や部族の単位は、なるべくして成立したに違いない。日本語の中の多様性も急速に廃れていっている中、方言や地方名についても考えさせられた。

  • ふむ

  • 2020.10.24市立図書館
    さまざまな言葉のある世界を描いた25人の文章をつないだ世界一周アンソロジー。

  • [NDC] 804
    [情報入手先]
    [テーマ] でーれーBOOKS2021/エントリー作品

  • 当町は外国からの移住者が多いので、その方々にサービスを実施する上で何か役に立てばいいな、と思って読みました。
    『知らない言語世界に移住する上で、言語は灯りのように人を温め、今いる場所を示し、進む道を照らしてくれるものである』という一文が印象深い本です。

    (日高町T)

  • 25人の著者が約20ヵ国・約20言語にまつわる経験や考えなどつづったエッセイ集。
    岡山県にある絵本と暮らしの本を揃えた「スロウな本屋」のWEBサイトの紹介を見て,手に取りました。

    「14歳の世渡り術」というシリーズのため,対象年齢が中学生くらいで文章はライトめですが,初っ端から丸山ゴンザレスが載っていてパンチも効いています。
    「プナン語には東西南北といった方位の概念がない」という衝撃の事実や,「ひとりで風に吹かれながら歩いて,頭を整理する」を意味するオランダ語Uitwaaien(アウトワーイエン)や,「犬の声が聞こえるほどの距離(約10km)」を意味するサーミ語beanatgullan(ベアナフクッラン)などの状況や環境を表すユニークな語彙について書かれた箇所を読めば,「語学は世界を広げるよ」とざっくり勧められるより,ずっと勉強してみたくなる気がします。
    もちろん,感じのいいことばかりではなく,苦労話や言語の奪取,方言の消滅や差別などについて言及している著者もいます。母国語ではない言語を学び話すことは,異なる文化や価値観を自分の中に取り込むことであり,そのようなネガティヴな部分を知り,引き受けることでもあるのだろうと考えました。

    英語の勉強を挫折し続けているので,モチベーションアップにつなげたく読んでみましたが,「近道はない」「目標設定すべき」「身体で覚える」「自分にとって身近もしくは興味のある分野の単語から覚えるよう工夫する」などの語学学習に関する決まり文句がそのまま出てくるので,やっぱりこれが王道だよねと思い知ったり。
    この感想を書いている現在は新型コロナウイルスの影響で海外への渡航は難しい状況ですが,今はオンラインで世界中のひとたちと交流できる時代ですし,いつか海外へ行く日に向けてまた勉強を再開してみようかな(どうなることやら)。

  • 25人の人生のチャレンジャーの方たちが、自身が取っ組み合った言語を語る。
    冒頭から、命のやり取り。いずれの人もパワフルで、今まで読んだ外国語エッセイとは一線を画していた。

    ジャーナリスト、翻訳家、シェフ、スポーツ選手、旅コーディネーター、など。
    なかでも、言語学者と文化人類学者のフットワークが軽い。フィールドワークが、研究を支えているのか。

    身体的感覚と現地の言葉が重なったときに、言語が身についていく。
    学ぼうとする言語の背景にある文化や習慣を知ることで、覚えやすくなる。

    知りたい・伝えたい・触れたいという欲望(夢では、生温い)が熱い。

    日本の方言が絶滅寸前。この本を読んできて、その土地のその言語でしか言い表せないものもあることが分かった。方言を、失ってはいけない。

  • 英語・プナン語、ロシア語、サーミ語…。体当たりでそれらの言語を習得した人たちの記録です。言語を勉強中の人、ちょっと疲れちゃった人、違う世界を知りたい人! 先輩方の世界を少しだけのぞいてみませんか?
    (YA担当/95line)

全12件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1975年、熊本県生まれ。京都大学総合人間学部卒。京都大学大学院人間・環境学研究科博士課程修了。岡山大学文学部准教授。専門は文化人類学。エチオピアの農村や中東の都市でフィールドワークを続け、富の所有と分配、貧困や発援助、海外出稼ぎなどについて研究。著書に『所有と分配の人類学』(世界思想社)、『基本の30冊 文化人類学』(人文書院)、『うしろめたさの人類学』(ミシマ社、毎日出版文化賞特別賞)、『これからの大学』(春秋社)、共編著に『文化人類学の思考法』(世界思想社)がある。

「2020年 『NHK出版 学びのきほん はみだしの人類学』 で使われていた紹介文から引用しています。」

松村圭一郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
凪良 ゆう
ヴィクトール・E...
川越宗一
能町 みね子
角幡唯介
矢部 潤子
エラ・フランシス...
有効な右矢印 無効な右矢印

わたしの外国語漂流記: 未知なる言葉と格闘した25人の物語 (14歳の世渡り術)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×