戦後SF事件史---日本的想像力の70年 (河出ブックス)

著者 :
  • 河出書房新社
3.50
  • (2)
  • (4)
  • (5)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 79
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (284ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309624396

作品紹介・あらすじ

SF小説、マンガ、アニメ、特撮、異端・幻想文学、現代美術、アングラ演劇…ファンダムの発展、専門誌・同人誌の盛衰、作家と編集者の戦い、しばしばファンを巻き込んだ論争と騒乱とお祭り-そこにはSF的想像力/創造力を駆使しながら、同時代の諸ジャンルが互いに響きあうエネルギーの磁場があった!敗戦から3.11後まで、戦後の様々な「想像力」運動の横のつながりやその周辺で起きた事件、作り手と読み手が織りなす人間ドラマをいきいきと描きながら、現代日本の可能性を問う。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「想像力は位置エネルギーがそうであるように、地面から離れたその距離によって測られるべきだ。時としてSF的想像力は地球の引力を離れて他の天体に引き寄せられる傾向があり、世間からは「浮いている」とか言われるのだが、今われわれに必要なのは、そういう思考の冒険だろう。」 そうそう、声を大にして言ってほしい!大人になってSF読んでるの、なんかバカにされるんだもん。

  • SF
    ノンフィクション

  • 【由来】
    ・amazonでたまたま

    【期待したもの】


    【要約】


    【ノート】

  • タイトル通りの作品

     なぜか311に絡めて書いているが、普通の日本SF史。あまり面白くなかった。

  • SFだけでなく、その周辺領域としてのマンガやアニメ、幻想文学やファンタジー、さらには現代アートや演劇まで戦後の様々な出来事が網羅されている。
    それだけに、書名にある「SF事件史」からはかなり内容が拡散してしまっている印象は否めない。どちらかといえば、副題の「日本的想像力の70年」の方が本書の主題と内容を的確に表しているといえよう。
    前作『日本SF精神史』が面白かった(評判も良かったようだ)だけに、散漫な感じの本書は残念。SFに絞るか、日本的想像力に主眼を置くか、どちらかに力点をおけば良かったのではないだろうか。

    【2012/2/22 追記】
    現在の「想像力の欠如」状況に至った過程とその理由が考察されていないのは残念。
    著者は80年代以降に隆盛を極めているTVゲーム(とその派生である携帯ゲーム)について触れていないが、安易に攻略本に頼る傾向と併せて、それこそが「想像力の欠如」に至る一因なのではないかと愚考する。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

評論家。1962年、茨城県生まれ。鶴見大学歯学部卒業。歯学博士。文芸評論から思想史、若者論、家族論など幅広く執筆。1996年『偽史冒険世界 カルト本の百年  ちくま文庫』(筑摩書房)で大衆文学研究賞、2010年『日本SF精神史 幕末・明治から戦後まで』(河出書房新社)で日本SF大賞、星雲賞を受賞。2019年『日本SF精神史【完全版】』で日本推理作家協会賞受賞。他の著書等に『鴎外のオカルト、漱石の科学』(新潮社)、『「吾輩は猫である」の謎』(文藝春秋)、『文豪と酒  酒をめぐる珠玉の作品集』(中央公論新社)、『文豪と東京 明治・大正・昭和の帝都を映す作品集中公文庫』(中央公論新社)のほか、編集に携わる形で、『羽ばたき 堀辰雄初期ファンタジー傑作集』、『詩人小説精華集』、『魔術 芥川龍之介 幻想ミステリ傑作集』など(すべて、彩流社)を刊行している。

「2019年 『女神 太宰治アイロニー傑作集』 で使われていた紹介文から引用しています。」

長山靖生の作品

戦後SF事件史---日本的想像力の70年 (河出ブックス)を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 1
ツイートする