医療とは何か ---現場で根本問題を解きほぐす (河出ブックス)

著者 :
  • 河出書房新社
4.40
  • (8)
  • (5)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 50
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309624471

作品紹介・あらすじ

医療不信、医療崩壊が叫ばれて久しい。現代医療の欠陥とはいったい何なのか?問題の根本には、医療現場で「正しい判断」が可能だという誤解がある、と著者は言う。そもそも「病気」とは何か、医療はどう移り変わってきたか、現場では実際にはいかにして意思決定が行なわれているのか-。救急医療の第一人者が、圧倒的にリアルな現場ストーリー「『私』の『たらい回し』事件」から説き起こし、現象学と言語ゲームを手がかりに、徹底的に現場で磨きぬいた原理的思考を展開。来るべき医療のかたちを照らし出す。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 難しい(ように思える)哲学の発想を使って、臨場感のある具体的事例を示しながら、医療の根本的な問題と目指すべき方向性を分かりやすく提示してくれる。
    とても広がりのある本で、医療に限らず、不確実な状況でなんらかの判断を示さなければならない仕事に就いてる人であれば、たくさんのヒントを得られると思う。

  • 病気の定義を哲学的に論じている点が参考になる。

  • 救急医療とは、医療の中でも修羅場。
    瀕死の重傷の方が次から次へと運ばれてきます。
    生命を救うために短時間で状態を判断し、最善と思われる治療を選択する必要があります。
    不確実な状況での意思決定を常に迫られます。
    こんな状況で仕事をしているためか行岡先生は、哲学に傾倒されています。
    考えたこと(主観)と対象(客観)が一致する場合を正しい判断とするデカルト哲学は、医療にはマッチしていないと考えています(デカルトなんて高尚ですね)。
    http://ameblo.jp/nancli/entry-11582769233.html

  • 患者さんから「治療を受けるべきか」と訊かれたとき,「受けるべき(または受けるべきではない)」と言い切るのも「こういうデータがあるので自分で決めてください」と突き放すのも妥当ではない。ではどうすればいいか,という問いに対する考察。もう一度よく読み返したい。

  • フッサールとヴィトゲンシュタインを手がかりに、不確実な状況下での意思決定について具体的な事例を挙げながら説明されている。現象学をどう医療に生かすか、ガイドとなる一冊。

  • 哲学的な部分が多く読みやすい本ではないと思いますが、
    救急医からの視点が緊迫した現場の実態が見えました。
    こんな状況で「たらいまわし」なんて言われたらたまったもんじゃない。

    医療が不確実なことへの認識をどう理解するか。
    正しい判断は不可能であり、「正しいと確信する判断」に過ぎない。
    まだわかりづらいが、受験にたとえれば、
    医者は試験官ではなく、同じ受験生。実態は優秀な受験生ぐらい。
    間違えもする。なかなかわかりやすい例えだと思いました。

    -----
    病気の3つの構成要素
    1.体の不都合があり
    2.不条理を感じて
    3.自己了解の変様が迫られる
    老いとは違う。不都合が生じた自分の身体と向き合うこと。

    医学のリスクとは、医学そのものが完全な知識になりえないことに起因。
    さらに人為的ミスをあわせたものが医療の不確実性

    20世紀前半は「正しい判断」が可能でそれを追う時代
    20世紀後半は進歩するほど不確実さがはっきりした時代
    (システム上の対応のまずさや副作用など)

    「正しい判断」は診察の過程では医療者も患者も得ることができない。
    結果からしかわからない。

    入試試験に例えれば
    受験生と試験官(解答がわかる)
    患者:受験生 医者:試験官 ではなく
    患者も医者も受験生

    正しい判断はできないが「正しいと確信する判断」は可能である。

    ・確立の限界
    私は治るでしょうか。と聞かれた場合(治療率90%)
    1.大丈夫ですあなたは治ります
    2.治るか治らないかは治療してみないとわかりません。医療は不確実です。
    3.治療率90%だから、大丈夫でしょう
    4.私は治療法Aが妥当だと確信しています
    以下、説明
    1.はウソになる。
    2.は医者としての姿勢に問題あり。当事者意識を欠いて無責任。
    3.わかったようでわからない。

  • 配架場所 : 一般図書
    請求記号 : 490@Y101@1
    Book ID : 80100448984

全9件中 1 - 9件を表示

行岡哲男の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊賀 泰代
夏川 草介
リチャード・セイ...
ヴィクトール・E...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする